Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アンドリュー・グラハム(Andrew Graham, 1815年4月8日 - 1908年11月5日)は、アイルランドの天文学者。1815年4月8日、グラハムは現在の北アイルランドファーマナ州に生まれた。1848年4月25日、スライゴ州のマークリー天文台において小惑星メティスを発見した。1848年8月8日から1856年3月27日まで、グラハムはマークリー天文台において黄道の周辺にある約6万個の恒星を観測し、その結果を4冊の本にまとめて1851年、1853年、1854年、1856年に順次刊行した。この観測を行う際、グラハムは正方形のマイクロメーターを開発した。これにより星の視位置(赤緯と赤経)の測定精度は大きく向上した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 315474 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 737 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 33 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47468485 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アンドリュー・グラハム(Andrew Graham, 1815年4月8日 - 1908年11月5日)は、アイルランドの天文学者。1815年4月8日、グラハムは現在の北アイルランドファーマナ州に生まれた。1848年4月25日、スライゴ州のマークリー天文台において小惑星メティスを発見した。1848年8月8日から1856年3月27日まで、グラハムはマークリー天文台において黄道の周辺にある約6万個の恒星を観測し、その結果を4冊の本にまとめて1851年、1853年、1854年、1856年に順次刊行した。この観測を行う際、グラハムは正方形のマイクロメーターを開発した。これにより星の視位置(赤緯と赤経)の測定精度は大きく向上した。
rdfs:label
  • アンドリュー・グラハム
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:発見者 of
is foaf:primaryTopic of