Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アンドリューサルクス(学名:genus Andrewsarchus)は、約4,500万- 約3,600万年前(新生代古第三紀始新世中期- 後期半ば)のユーラシア大陸東部地域(現在のモンゴル)に生息していた、原始的な大型肉食性哺乳類の一種(1属)。下位分類は現在、A. mongoliensis (A・モンゴリエンシス)の1種のみが知られている。蹄(ひづめ)を持つ有蹄動物であり、推定体長(頭胴長)382cm、推定体重180-450kgというその体躯の巨大さゆえ、ときに「史上最大の陸生肉食獣」と称される。実際、メソニクス目で最大、史上でも最大級の陸生肉食哺乳類であると言える。
dbpedia-owl:binomial
dbpedia-owl:class
dbpedia-owl:conservationStatus
  • fossil
dbpedia-owl:family
dbpedia-owl:order
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 626391 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8764 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 111 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54616863 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:status
  • fossil
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:上目
  • ローラシア獣上目
prop-ja:下位分類
  • * アンドリューサルクス・モンゴリエンシス A. mongoliensis (Osborn, 1924)
prop-ja:下位分類名
  • 下位分類(種)
prop-ja:下綱
  • 真獣下綱
prop-ja:下綱階級なし
  • ((未整理))北方真獣類
prop-ja:亜綱
  • 獣亜綱
prop-ja:名称
  • アンドリューサルクス
prop-ja:和名
  • アンドリューサルクス
prop-ja:地質時代
  • 約4,500万- 約3,600万年前(新生代古第三紀始新世中期- 後期半ば)
prop-ja:学名
  • genus
prop-ja:
  • アンドリューサルクス属
prop-ja:画像
  • 260 (xsd:integer)
prop-ja:画像キャプション
  • Andrewsarchus mongoliensis
prop-ja:
  • †メソニクス目 Mesonychia
prop-ja:省略
  • 哺乳綱
prop-ja:
  • トリイソドン科
prop-ja:英名
  • Andrewsarchus
dc:description
  • Andrewsarchus mongoliensis
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • アンドリューサルクス(学名:genus Andrewsarchus)は、約4,500万- 約3,600万年前(新生代古第三紀始新世中期- 後期半ば)のユーラシア大陸東部地域(現在のモンゴル)に生息していた、原始的な大型肉食性哺乳類の一種(1属)。下位分類は現在、A. mongoliensis (A・モンゴリエンシス)の1種のみが知られている。蹄(ひづめ)を持つ有蹄動物であり、推定体長(頭胴長)382cm、推定体重180-450kgというその体躯の巨大さゆえ、ときに「史上最大の陸生肉食獣」と称される。実際、メソニクス目で最大、史上でも最大級の陸生肉食哺乳類であると言える。
rdfs:label
  • アンドリューサルクス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 哺乳綱
  • Andrewsarchus
  • アンドリューサルクス
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of