Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アンドラーシュ・コーロディ(András Kórodi, 1922年5月24日 - 1986年9月17日)は、ハンガリーの指揮者。ブダペストの生まれ。リスト音楽院でマルギット・ヴァロとミクローシュ・マースにピアノ、ラースロー・ライタに作曲、ヤーノシュ・フェレンチクに指揮法を学ぶ。1946年にハンガリー国立歌劇場の合唱指揮者としてキャリアをスタートさせたが、1956年のハンガリー動乱の際にソ連に行き、1957年にハンガリー人として初めてボリショイ劇場に客演した。1962年に東京交響楽団の招きで初来日を果たしている。1963年にはハンガリー国立歌劇場の音楽監督となり、1967年にはブダペスト・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者に就任し、亡くなるまでその任にあった。1957年より母校で教鞭を執り、門下にアンドラーシュ・リゲティ等がいる。トレヴィーゾにて死去。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3108650 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 858 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 21 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56437835 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アンドラーシュ・コーロディ(András Kórodi, 1922年5月24日 - 1986年9月17日)は、ハンガリーの指揮者。ブダペストの生まれ。リスト音楽院でマルギット・ヴァロとミクローシュ・マースにピアノ、ラースロー・ライタに作曲、ヤーノシュ・フェレンチクに指揮法を学ぶ。1946年にハンガリー国立歌劇場の合唱指揮者としてキャリアをスタートさせたが、1956年のハンガリー動乱の際にソ連に行き、1957年にハンガリー人として初めてボリショイ劇場に客演した。1962年に東京交響楽団の招きで初来日を果たしている。1963年にはハンガリー国立歌劇場の音楽監督となり、1967年にはブダペスト・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者に就任し、亡くなるまでその任にあった。1957年より母校で教鞭を執り、門下にアンドラーシュ・リゲティ等がいる。トレヴィーゾにて死去。
rdfs:label
  • アンドラーシュ・コーロディ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is foaf:primaryTopic of