Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アントーニア・デル・バルツォ(Antonia del Balzo, ? - 1374年1月23日)は、ナポリ王国のフランス系貴族女性で、シチリア王フェデリーコ3世の2番目の王妃。アンドリア公フランチェスコ1世・デル・バルツォと、その2番目の妻でターラント公フィリッポ1世の娘であるマルゲリータ(1380年没、スコットランド王エドワード・ベイリャルの未亡人)の間の長女として生まれた。同腹の兄ジャコモ(ジャック・デ・ボー)は母方のアンジュー王家からターラント公、アカイア公、名目上のラテン帝国皇帝の地位を相続した。1372年1月17日にフェデリーコ3世と結婚した。夫は死別した先妻コスタンツァ・ダラゴーナとの間に男子が無く、この結婚により世継ぎの誕生を期待したが、アントーニアは結婚後2年で子供を産まずに死去した。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2711141 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 780 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 21 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46836995 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アントーニア・デル・バルツォ(Antonia del Balzo, ? - 1374年1月23日)は、ナポリ王国のフランス系貴族女性で、シチリア王フェデリーコ3世の2番目の王妃。アンドリア公フランチェスコ1世・デル・バルツォと、その2番目の妻でターラント公フィリッポ1世の娘であるマルゲリータ(1380年没、スコットランド王エドワード・ベイリャルの未亡人)の間の長女として生まれた。同腹の兄ジャコモ(ジャック・デ・ボー)は母方のアンジュー王家からターラント公、アカイア公、名目上のラテン帝国皇帝の地位を相続した。1372年1月17日にフェデリーコ3世と結婚した。夫は死別した先妻コスタンツァ・ダラゴーナとの間に男子が無く、この結婚により世継ぎの誕生を期待したが、アントーニアは結婚後2年で子供を産まずに死去した。
rdfs:label
  • アントーニア・デル・バルツォ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of