Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アントロポゾフィー(独: Anthroposophie)とは、オーストリア帝国出身の神秘思想家ルドルフ・シュタイナーが自身の思想を指して使った言葉である。またこれは、一般に人智学と訳されている言葉の音訳である。「アントロポゾフィー」と「人智学」の違いに関しては語源の節(→4.1 語源)で説明する。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 462555 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 11 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 1 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRedirects
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57509310 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
rdfs:comment
  • アントロポゾフィー(独: Anthroposophie)とは、オーストリア帝国出身の神秘思想家ルドルフ・シュタイナーが自身の思想を指して使った言葉である。またこれは、一般に人智学と訳されている言葉の音訳である。「アントロポゾフィー」と「人智学」の違いに関しては語源の節(→4.1 語源)で説明する。
rdfs:label
  • アントロポゾフィー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of