Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アントニオ・ファルネーゼ (Antonio Farnese , 1679年5月29日 - 1731年2月26日)は、ファルネーゼ家最後のパルマ及びピアチェンツァ公。ラヌッチョ2世と妃マリーア・デステの3男としてパルマで生まれた。オドアルド2世・ファルネーゼは異母兄、フランチェスコ・ファルネーゼは同母兄。同母兄フランチェスコの死にともなって公位を継承した。1728年、エンリチェッタ・デステ(モデナ公リナルド・デステの娘)と結婚したが、フランチェスコに続いてアントニオにも子供がなく、彼の死後公国は異母兄オドアルド2世・ファルネーゼの娘エリザベッタ・ファルネーゼの長男カルロに継承された。カルロはまだ15歳と若いため、彼の祖母にあたるドロテア・ソフィアと前公妃エンリチェッタが摂政を務めた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1165900 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 792 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 26 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49709369 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アントニオ・ファルネーゼ (Antonio Farnese , 1679年5月29日 - 1731年2月26日)は、ファルネーゼ家最後のパルマ及びピアチェンツァ公。ラヌッチョ2世と妃マリーア・デステの3男としてパルマで生まれた。オドアルド2世・ファルネーゼは異母兄、フランチェスコ・ファルネーゼは同母兄。同母兄フランチェスコの死にともなって公位を継承した。1728年、エンリチェッタ・デステ(モデナ公リナルド・デステの娘)と結婚したが、フランチェスコに続いてアントニオにも子供がなく、彼の死後公国は異母兄オドアルド2世・ファルネーゼの娘エリザベッタ・ファルネーゼの長男カルロに継承された。カルロはまだ15歳と若いため、彼の祖母にあたるドロテア・ソフィアと前公妃エンリチェッタが摂政を務めた。
rdfs:label
  • アントニオ・ファルネーゼ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of