アンデス山脈(アンデスさんみゃく、スペイン語: Cordillera de los Andes)は、主に南アメリカ大陸の西側に沿って、北緯10度から南緯50度まで南北7500km、幅750kmにわたる世界最長の連続した褶曲(しゅうきょく)山脈である。山脈はベネズエラ、コロンビア、エクアドル、ペルー、ボリビア、アルゼンチン、チリの7カ国にまたがる。最高峰はアコンカグア(6960m・一説には7021m)で、6000mを越える高峰が20座以上そびえ立っている。山脈が現在の姿になり始めたのは白亜紀で、その後現在まで太平洋プレート、ナスカプレートと南米大陸のぶつかり合いで隆起し、場所により異なる構造運動を受けて大きくなったと考えられている。

Property Value
dbo:abstract
  • アンデス山脈(アンデスさんみゃく、スペイン語: Cordillera de los Andes)は、主に南アメリカ大陸の西側に沿って、北緯10度から南緯50度まで南北7500km、幅750kmにわたる世界最長の連続した褶曲(しゅうきょく)山脈である。山脈はベネズエラ、コロンビア、エクアドル、ペルー、ボリビア、アルゼンチン、チリの7カ国にまたがる。最高峰はアコンカグア(6960m・一説には7021m)で、6000mを越える高峰が20座以上そびえ立っている。山脈が現在の姿になり始めたのは白亜紀で、その後現在まで太平洋プレート、ナスカプレートと南米大陸のぶつかり合いで隆起し、場所により異なる構造運動を受けて大きくなったと考えられている。 (ja)
  • アンデス山脈(アンデスさんみゃく、スペイン語: Cordillera de los Andes)は、主に南アメリカ大陸の西側に沿って、北緯10度から南緯50度まで南北7500km、幅750kmにわたる世界最長の連続した褶曲(しゅうきょく)山脈である。山脈はベネズエラ、コロンビア、エクアドル、ペルー、ボリビア、アルゼンチン、チリの7カ国にまたがる。最高峰はアコンカグア(6960m・一説には7021m)で、6000mを越える高峰が20座以上そびえ立っている。山脈が現在の姿になり始めたのは白亜紀で、その後現在まで太平洋プレート、ナスカプレートと南米大陸のぶつかり合いで隆起し、場所により異なる構造運動を受けて大きくなったと考えられている。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 15092 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 16673 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 77685619 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:e(東経)及びw(西経)_
  • W (ja)
  • W (ja)
prop-ja:n(北緯)及びs(南緯)_
  • S (ja)
  • S (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名称
  • アンデス山脈 (ja)
  • アンデス山脈 (ja)
prop-ja:地図国コード
  • AR (ja)
  • AR (ja)
prop-ja:
  • 350 (xsd:integer)
prop-ja:延長
  • 7500 (xsd:integer)
prop-ja:最高峰
prop-ja:標高
  • 6960 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
  • (南米の地形 太平洋岸と平行に走るアンデス山脈) (ja)
prop-ja:経度分
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:経度度
  • 70 (xsd:integer)
prop-ja:経度秒
  • 40 (xsd:integer)
prop-ja:緯度分
  • 39 (xsd:integer)
prop-ja:緯度度
  • 32 (xsd:integer)
prop-ja:緯度秒
  • 10 (xsd:integer)
dct:subject
rdfs:comment
  • アンデス山脈(アンデスさんみゃく、スペイン語: Cordillera de los Andes)は、主に南アメリカ大陸の西側に沿って、北緯10度から南緯50度まで南北7500km、幅750kmにわたる世界最長の連続した褶曲(しゅうきょく)山脈である。山脈はベネズエラ、コロンビア、エクアドル、ペルー、ボリビア、アルゼンチン、チリの7カ国にまたがる。最高峰はアコンカグア(6960m・一説には7021m)で、6000mを越える高峰が20座以上そびえ立っている。山脈が現在の姿になり始めたのは白亜紀で、その後現在まで太平洋プレート、ナスカプレートと南米大陸のぶつかり合いで隆起し、場所により異なる構造運動を受けて大きくなったと考えられている。 (ja)
  • アンデス山脈(アンデスさんみゃく、スペイン語: Cordillera de los Andes)は、主に南アメリカ大陸の西側に沿って、北緯10度から南緯50度まで南北7500km、幅750kmにわたる世界最長の連続した褶曲(しゅうきょく)山脈である。山脈はベネズエラ、コロンビア、エクアドル、ペルー、ボリビア、アルゼンチン、チリの7カ国にまたがる。最高峰はアコンカグア(6960m・一説には7021m)で、6000mを越える高峰が20座以上そびえ立っている。山脈が現在の姿になり始めたのは白亜紀で、その後現在まで太平洋プレート、ナスカプレートと南米大陸のぶつかり合いで隆起し、場所により異なる構造運動を受けて大きくなったと考えられている。 (ja)
rdfs:label
  • アンデス山脈 (ja)
  • アンデス山脈 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:alpsGroup of
is dbo:spokenIn of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:caption of
is prop-ja:range of
is prop-ja:region of
is prop-ja:山系 of
is prop-ja:水源 of
is foaf:primaryTopic of