Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アンディ・サワー(Andy Souwer、男性、1982年11月9日 - )は、オランダのキックボクサー、シュートボクサー。北ブラバント州スヘルトーヘンボス出身。CAESAR GYM HOLLAND/チーム・サワー/Souwer Sports Institute所属。「短い試合間隔で戦うことが自分には合っている」との言葉通り、22歳の若さでK-1 WORLD MAX初優勝を果たした時点で109戦105勝3敗1分という驚異的な戦績を誇り、その後もトーナメント戦も含めてほぼ1~2ヵ月に1大会出場というハイペースでの過酷な連戦をこなしながらも勝率90%以上を記録している。元来、スーパーウェルター級を主戦場にしており、2002年からシュートボクシングに参戦し、次第にキックボクサーではなくシュートボクサーとしてロングスパッツを履いて試合に臨むようになった。K-1 WORLD MAXには2003年の初参戦時から、シュートボクシング代表としてロングスパッツを履き試合に臨んでいた(2008年10月1日のK-1 WORLD MAX 2008 FINALよりロングスパッツの着用が禁止されたため、K-1ではトランクスを着用するようになった)。シュートボクシングでWSBA世界スーパーウェルター級王座を獲得し、シュートボクシング最大の大会S-cupでも4度の優勝を果たしていることから「シュートボクシングの絶対王者」と呼ばれる。K-1 WORLD MAXでは2度優勝したほか、史上唯一となるK-1、S-cup、IT'S SHOWTIMEの三冠王を達成。これらを含めてキックボクシング・ムエタイで通算で16回も世界王座を獲得している。柔道や空手も学んでいた。アルバート・クラウスとは元同門。回転力のあるパンチ、的確かつ強力なローキックを主体とした多彩な対角線コンビネーションと超高速の連打を得意とし、シュートボクシングルールの試合では柔道仕込みの投げ技も得意とする。2006年始め頃に右のカウンターを使い始め、2007年からはクロスカウンターをも使いこなすようになった。自らも認めるスロースターターだが、世界最高峰のテクニックと逆境でも諦めない精神力の強さで逆転勝ちが多い。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 303701 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 26399 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 308 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58250253 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:birthDate
  • 1982-11-09 (xsd:date)
prop-ja:birthPlace
  • 北ブラバント州スヘルトーヘンボス
prop-ja:caption
  • アンディ・サワー(2011年3月撮影)
prop-ja:cm
  • 178.0
prop-ja:decloss
  • 0 (xsd:integer)
  • 12 (xsd:integer)
prop-ja:decwins
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:draws
  • 0 (xsd:integer)
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:id
  • 677482 (xsd:integer)
prop-ja:kg
  • 70.0
prop-ja:koloss
  • 0 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:kowins
  • 1 (xsd:integer)
  • 91 (xsd:integer)
prop-ja:losses
  • 0 (xsd:integer)
  • 16 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • アンディ・サワー
prop-ja:nickname
  • SB七冠王
  • Souwer Power
  • The Destroyer
  • シュートボクシングの絶対王者
  • ヨーロッパ五冠王者
prop-ja:noContests
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:otherloss
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:otherwins
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:realname
  • Andreas Souwer
prop-ja:style
prop-ja:subloss
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:subwins
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:total
  • 1 (xsd:integer)
  • 171 (xsd:integer)
prop-ja:weight
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:wins
  • 1 (xsd:integer)
  • 154 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アンディ・サワー(Andy Souwer、男性、1982年11月9日 - )は、オランダのキックボクサー、シュートボクサー。北ブラバント州スヘルトーヘンボス出身。CAESAR GYM HOLLAND/チーム・サワー/Souwer Sports Institute所属。「短い試合間隔で戦うことが自分には合っている」との言葉通り、22歳の若さでK-1 WORLD MAX初優勝を果たした時点で109戦105勝3敗1分という驚異的な戦績を誇り、その後もトーナメント戦も含めてほぼ1~2ヵ月に1大会出場というハイペースでの過酷な連戦をこなしながらも勝率90%以上を記録している。元来、スーパーウェルター級を主戦場にしており、2002年からシュートボクシングに参戦し、次第にキックボクサーではなくシュートボクサーとしてロングスパッツを履いて試合に臨むようになった。K-1 WORLD MAXには2003年の初参戦時から、シュートボクシング代表としてロングスパッツを履き試合に臨んでいた(2008年10月1日のK-1 WORLD MAX 2008 FINALよりロングスパッツの着用が禁止されたため、K-1ではトランクスを着用するようになった)。シュートボクシングでWSBA世界スーパーウェルター級王座を獲得し、シュートボクシング最大の大会S-cupでも4度の優勝を果たしていることから「シュートボクシングの絶対王者」と呼ばれる。K-1 WORLD MAXでは2度優勝したほか、史上唯一となるK-1、S-cup、IT'S SHOWTIMEの三冠王を達成。これらを含めてキックボクシング・ムエタイで通算で16回も世界王座を獲得している。柔道や空手も学んでいた。アルバート・クラウスとは元同門。回転力のあるパンチ、的確かつ強力なローキックを主体とした多彩な対角線コンビネーションと超高速の連打を得意とし、シュートボクシングルールの試合では柔道仕込みの投げ技も得意とする。2006年始め頃に右のカウンターを使い始め、2007年からはクロスカウンターをも使いこなすようになった。自らも認めるスロースターターだが、世界最高峰のテクニックと逆境でも諦めない精神力の強さで逆転勝ちが多い。
rdfs:label
  • アンディ・サワー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of