Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アンティパトロス・エテシアス(希:Ἀντίπατρος Ετησίας, ラテン文字転記:Antipatros Etesias、在位:紀元前279年)はカッサンドロス朝のマケドニア王である。アンティパトロスは王朝の祖カッサンドロスの甥でカッサンドロスの兄弟ピリッポスの子である。アンティパトロスはメレアグロス王を追い出して王位に就いたが、45日しか王位に留まることができず、親族のソステネスによって王位を奪われた。アンティパトロスはその後も王位に返り咲こうと画策したが、アンティゴノス2世が王位を確かなものとしたため、失敗し二度と復位することは出来なかった。アンティパトロスの治世の間にエテシアの風(東部地中海で5月半ばから9月中旬に周年吹く風)が吹いたためにマケドニア人から彼はエテシアスと呼ばれた。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1795109 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 799 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 10 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58960940 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アンティパトロス・エテシアス(希:Ἀντίπατρος Ετησίας, ラテン文字転記:Antipatros Etesias、在位:紀元前279年)はカッサンドロス朝のマケドニア王である。アンティパトロスは王朝の祖カッサンドロスの甥でカッサンドロスの兄弟ピリッポスの子である。アンティパトロスはメレアグロス王を追い出して王位に就いたが、45日しか王位に留まることができず、親族のソステネスによって王位を奪われた。アンティパトロスはその後も王位に返り咲こうと画策したが、アンティゴノス2世が王位を確かなものとしたため、失敗し二度と復位することは出来なかった。アンティパトロスの治世の間にエテシアの風(東部地中海で5月半ばから9月中旬に周年吹く風)が吹いたためにマケドニア人から彼はエテシアスと呼ばれた。
rdfs:label
  • アンティパトロス・エテシアス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of