Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アンティゴノス1世(Αντίγονος Α'、Antigonus I、紀元前382年 - 紀元前301年)は、古代マケドニアのアレクサンドロス3世(大王)に仕えた将軍。その死後は後継者(ディアドコイ)の一人となり、アンティゴノス朝を開き初代の王となった(在位:紀元前306年 - 同301年)。また隻眼であった(戦傷によるものといわれている)ため、モノフタルモス(Μονόφθαλμος、Monophthalmos、隻眼の意)とあだ名された。コインの肖像が右向きのことなどから、左目を失っていたと推測されている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 201962 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4719 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 80 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58952194 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アンティゴノス1世(Αντίγονος Α'、Antigonus I、紀元前382年 - 紀元前301年)は、古代マケドニアのアレクサンドロス3世(大王)に仕えた将軍。その死後は後継者(ディアドコイ)の一人となり、アンティゴノス朝を開き初代の王となった(在位:紀元前306年 - 同301年)。また隻眼であった(戦傷によるものといわれている)ため、モノフタルモス(Μονόφθαλμος、Monophthalmos、隻眼の意)とあだ名された。コインの肖像が右向きのことなどから、左目を失っていたと推測されている。
rdfs:label
  • アンティゴノス1世
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:opponents of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:combatant of
is prop-ja:commander of
is foaf:primaryTopic of