Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『アンティゴネ』(アンティゴネー、ギリシア語: Ἀντιγόνη、ラテン語: Antigone)は、古代ギリシャ三大悲劇詩人の一人であるソポクレスが紀元前442年ごろに書いたギリシャ悲劇。オイディプースの娘でテーバイの王女であるアンティゴネーを題材としている。内容的にはソポクレスがテーバイ王家を題材に書いたほかの2作(『オイディプス王』『コロノスのオイディプス』)の後、アイスキュロスの『テーバイ攻めの七将』に続く物語である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2420502 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2475 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 59 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56871952 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『アンティゴネ』(アンティゴネー、ギリシア語: Ἀντιγόνη、ラテン語: Antigone)は、古代ギリシャ三大悲劇詩人の一人であるソポクレスが紀元前442年ごろに書いたギリシャ悲劇。オイディプースの娘でテーバイの王女であるアンティゴネーを題材としている。内容的にはソポクレスがテーバイ王家を題材に書いたほかの2作(『オイディプス王』『コロノスのオイディプス』)の後、アイスキュロスの『テーバイ攻めの七将』に続く物語である。
rdfs:label
  • アンティゴネ (ソポクレス)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of