Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アンダース・ヤリード(Anders Järryd, 1961年7月13日 - )は、スウェーデン・リドチェピング出身の元男子プロテニス選手。1980年代から1990年代前半にかけて活躍し、スウェーデンの男子プロテニス界の最盛期をリードした選手のひとりである。ヤリードは優れたダブルス選手として、すべての4大大会で男子ダブルスのタイトルを獲得する「キャリア・グランドスラム」を達成した。自己最高ランキングはシングルス5位、ダブルス1位。ATPツアーでシングルス8勝、ダブルスで4大大会「8勝」を含む59勝を挙げた。1980年にプロ入り。1981年から男子テニス国別対抗戦・デビスカップのスウェーデン代表選手になる。1983年の全仏オープン男子ダブルスで、ヤリードは同じスウェーデンのハンス・シモンソンとペアを組み、決勝でマーク・エドモンドソン(オーストラリア)&シャーウッド・スチュワート(アメリカ)組を破って初優勝した。1984年後半から、ヤリードはダブルスでステファン・エドベリとペアを組む機会が多くなる。同年暮れの12月16日-18日、デビスカップ決勝の対アメリカ戦が地元スウェーデンで行われた。ヤリードとエドベリは、第3試合のダブルス戦でジョン・マッケンロー&ピーター・フレミング組に勝ち、スウェーデン・チームは1975年以来9年ぶり2度目のデ杯優勝を飾った。マッケンローとフレミングは長年デ杯アメリカ・チームの“無敗ペア”であったが、ヤリードとエドベリにデ杯ダブルス戦の連勝記録を止められ、2人のペアの記録は「14勝1敗」で止まった。1985年にヤリードはシングルスでも成績を伸ばし、ウィンブルドンで初の準決勝に進出した。ヤリードを準決勝で破ったボリス・ベッカーは、この大会の初優勝で「17歳7ヶ月」の大会最年少優勝記録を樹立する。続く全米オープンでは、ヤリードはマッツ・ビランデルとの準々決勝を途中棄権した。2年後の1987年、ヤリードは4大大会男子ダブルスで年間3冠獲得を達成した。全豪オープンと全米オープンではステファン・エドベリと組んだが、途中の全仏オープンではロバート・セグソ(アメリカ)と組んでいる。セグソと組んだ全仏オープン決勝では、地元フランスペアのヤニック・ノア&アンリ・ルコント組を2セット・ダウン(先に相手に2セットを取られた状態)から逆転し、続く3セットを連取して 6-7, 6-7, 6-3, 6-4, 6-2 の逆転勝利を収めた。この年に唯一ダブルス優勝を逃したウィンブルドンでは、ヤリードとエドベリは準決勝でスペインペアのエミリオ・サンチェス&セルヒオ・カサル組に敗れた。1987年度のヤリードは、ダブルスで4大大会3冠を含む年間8勝を記録した。1988年のソウル五輪は、オリンピック競技においてプロテニス選手の出場が認められた歴史的な大会である。ヤリードはオリンピックのスウェーデン代表選手として初参加し、シングルスは3回戦で敗退したが、エドベリとのダブルスで銅メダルを獲得した。1989年から、ヤリードは大半のトーナメントでジョン・フィッツジェラルド(オーストラリア)と組むようになる。ついに1989年ウィンブルドンで、ヤリードはフィッツジェラルドとのペアで初優勝を飾り、すべての4大大会で男子ダブルスのタイトルを獲得した選手に名前を連ねた。30歳を迎えた1991年、アンダース・ヤリードはフィッツジェラルドとのペアで全仏オープン・ウィンブルドン・全米オープンに3連勝を成し遂げ、自身のキャリアで2度目の4大大会ダブルス年間3冠獲得を達成した。しかし、ヤリードとフィッツジェラルドは1992年全豪オープンで3回戦敗退に終わり、4大大会ダブルス4連勝を逃してしまう。1993年全豪オープンでは、このコンビで決勝に進み、ヤリードにとってはステファン・エドベリと組んだ1987年以来「6年ぶり」2度目の全豪決勝の舞台に立ったが、ここでも準優勝に終わった。結局、ヤリードは「ジョン・フィッツジェラルドとの同一ペアによる」キャリア・グランドスラムを果たせなかった。ヤリードは現役を引退する1996年まで、スウェーデンを代表するダブルス選手として精力的な活動を続けた。彼と同じ年に、ステファン・エドベリも30歳で現役引退を表明し、スウェーデンの男子テニス界の黄金期が幕を閉じた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 975739 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7908 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 86 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58972123 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:id
  • J006
prop-ja:name
  • アンダース・ヤリード
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ウィンブルドン
  • ベスト4(1985)
prop-ja:ウィンブルドンダブルス
  • 優勝(1989・91)
prop-ja:シングルス
  • 8 (xsd:integer)
prop-ja:シングルス最高
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:シングルス通算
  • 396 (xsd:integer)
prop-ja:ダブルス
  • 59 (xsd:integer)
prop-ja:ダブルス優勝回数
  • 8 (xsd:integer)
prop-ja:ダブルス最高
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:ダブルス通算
  • 606 (xsd:integer)
prop-ja:ツアー通算
  • 67 (xsd:integer)
prop-ja:デビュー年
  • 1980 (xsd:integer)
prop-ja:体重
  • 70.0
prop-ja:全仏オープン
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:全仏オープンダブルス
  • 優勝(1983・87・91)
prop-ja:全米オープン
  • ベスト8(1985)
prop-ja:全米オープンダブルス
  • 優勝(1987・91)
prop-ja:全豪オープン
  • ベスト8(1987・88)
prop-ja:全豪オープンダブルス
  • 優勝(1987)
prop-ja:写真
  • Anders Jarryd.jpg
prop-ja:出身地
  • 同・リドチェピング
prop-ja:利き手
prop-ja:引退年
  • 1996 (xsd:integer)
prop-ja:生涯通算成績
  • 1002 (xsd:integer)
prop-ja:誕生日
  • 1961-07-13 (xsd:date)
prop-ja:身長
  • 180.0
prop-ja:選手名(日本語)_
  • アンダース・ヤリード
prop-ja:選手名(英語)_
  • Anders Järryd
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アンダース・ヤリード(Anders Järryd, 1961年7月13日 - )は、スウェーデン・リドチェピング出身の元男子プロテニス選手。1980年代から1990年代前半にかけて活躍し、スウェーデンの男子プロテニス界の最盛期をリードした選手のひとりである。ヤリードは優れたダブルス選手として、すべての4大大会で男子ダブルスのタイトルを獲得する「キャリア・グランドスラム」を達成した。自己最高ランキングはシングルス5位、ダブルス1位。ATPツアーでシングルス8勝、ダブルスで4大大会「8勝」を含む59勝を挙げた。1980年にプロ入り。1981年から男子テニス国別対抗戦・デビスカップのスウェーデン代表選手になる。1983年の全仏オープン男子ダブルスで、ヤリードは同じスウェーデンのハンス・シモンソンとペアを組み、決勝でマーク・エドモンドソン(オーストラリア)&シャーウッド・スチュワート(アメリカ)組を破って初優勝した。1984年後半から、ヤリードはダブルスでステファン・エドベリとペアを組む機会が多くなる。同年暮れの12月16日-18日、デビスカップ決勝の対アメリカ戦が地元スウェーデンで行われた。ヤリードとエドベリは、第3試合のダブルス戦でジョン・マッケンロー&ピーター・フレミング組に勝ち、スウェーデン・チームは1975年以来9年ぶり2度目のデ杯優勝を飾った。マッケンローとフレミングは長年デ杯アメリカ・チームの“無敗ペア”であったが、ヤリードとエドベリにデ杯ダブルス戦の連勝記録を止められ、2人のペアの記録は「14勝1敗」で止まった。1985年にヤリードはシングルスでも成績を伸ばし、ウィンブルドンで初の準決勝に進出した。ヤリードを準決勝で破ったボリス・ベッカーは、この大会の初優勝で「17歳7ヶ月」の大会最年少優勝記録を樹立する。続く全米オープンでは、ヤリードはマッツ・ビランデルとの準々決勝を途中棄権した。2年後の1987年、ヤリードは4大大会男子ダブルスで年間3冠獲得を達成した。全豪オープンと全米オープンではステファン・エドベリと組んだが、途中の全仏オープンではロバート・セグソ(アメリカ)と組んでいる。セグソと組んだ全仏オープン決勝では、地元フランスペアのヤニック・ノア&アンリ・ルコント組を2セット・ダウン(先に相手に2セットを取られた状態)から逆転し、続く3セットを連取して 6-7, 6-7, 6-3, 6-4, 6-2 の逆転勝利を収めた。この年に唯一ダブルス優勝を逃したウィンブルドンでは、ヤリードとエドベリは準決勝でスペインペアのエミリオ・サンチェス&セルヒオ・カサル組に敗れた。1987年度のヤリードは、ダブルスで4大大会3冠を含む年間8勝を記録した。1988年のソウル五輪は、オリンピック競技においてプロテニス選手の出場が認められた歴史的な大会である。ヤリードはオリンピックのスウェーデン代表選手として初参加し、シングルスは3回戦で敗退したが、エドベリとのダブルスで銅メダルを獲得した。1989年から、ヤリードは大半のトーナメントでジョン・フィッツジェラルド(オーストラリア)と組むようになる。ついに1989年ウィンブルドンで、ヤリードはフィッツジェラルドとのペアで初優勝を飾り、すべての4大大会で男子ダブルスのタイトルを獲得した選手に名前を連ねた。30歳を迎えた1991年、アンダース・ヤリードはフィッツジェラルドとのペアで全仏オープン・ウィンブルドン・全米オープンに3連勝を成し遂げ、自身のキャリアで2度目の4大大会ダブルス年間3冠獲得を達成した。しかし、ヤリードとフィッツジェラルドは1992年全豪オープンで3回戦敗退に終わり、4大大会ダブルス4連勝を逃してしまう。1993年全豪オープンでは、このコンビで決勝に進み、ヤリードにとってはステファン・エドベリと組んだ1987年以来「6年ぶり」2度目の全豪決勝の舞台に立ったが、ここでも準優勝に終わった。結局、ヤリードは「ジョン・フィッツジェラルドとの同一ペアによる」キャリア・グランドスラムを果たせなかった。ヤリードは現役を引退する1996年まで、スウェーデンを代表するダブルス選手として精力的な活動を続けた。彼と同じ年に、ステファン・エドベリも30歳で現役引退を表明し、スウェーデンの男子テニス界の黄金期が幕を閉じた。
rdfs:label
  • アンダース・ヤリード
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of