Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アンジェイ・カジミェシュ・ポトツキ(Andrzej Kazimierz Potocki, 1861年6月10日 クシェショヴィツェ - 1908年4月12日 レンベルク)は、ポーランドの貴族、大地主、政治家。伯爵。オーストリア領ガリツィアの総督を務めたが、ウクライナ人民族主義者によって暗殺された。保守政治家のアダム・ユゼフ・ポトツキ伯爵とその妻のカタジナ・ブラニツカ伯爵夫人(Katarzyna Potocka)の間の次男として、クラクフ郊外のクシェショヴィツェで生まれた。父方の曽祖父は小説家ヤン・ポトツキ、母方の曽祖父はヘトマンのフランチシェク・クサヴェリ・ブラニツキ、義理の叔父(母の妹の夫)は詩人ジグムント・クラシンスキ、従伯父はツィスライタニエン首相を務めた政治家アルフレト・ユゼフ・ポトツキである。クラクフ大学で法学を専攻し、1884年には法学博士号を取得した。ポーランド有数の名門貴族ポトツキ家の一員であり、クシェショヴィツェおよびカミョンカ・ブジャンスカ(現在のウクライナ領リヴィウ州カーミョンカ・ブジカ)の領主であった。1901年から1902年までガリツィア領邦議会の議長を務め、1903年から1908年まで、オーストリア領ガリツィア総督を務めた。1907年には皇帝フランツ・ヨーゼフ1世より金羊毛騎士団の騎士に叙任された。1908年4月12日、ガリツィア領邦議会の通常国会に出席した際、レンベルク大学法学部のウクライナ人学生ミロスラヴ・シチンシクィイ(Мирослав Січинський)によって6発の銃弾を撃ち込まれて死亡した。ポトツキの最期の言葉は、「ポトツキは最後まで皇帝陛下の忠実な家来でありました、と陛下のお耳に入れよ(Telegrafujcie cesarzowi, że byłem jego wiernym sługą)」であった。1889年にクリスティーナ・ティシュキェヴィチ伯爵夫人(Krystyna Tyszkiewicz, 1866年 - 1952年)と結婚し、3男6女の9人の子女をもうけた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2477088 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1667 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 36 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55798528 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アンジェイ・カジミェシュ・ポトツキ(Andrzej Kazimierz Potocki, 1861年6月10日 クシェショヴィツェ - 1908年4月12日 レンベルク)は、ポーランドの貴族、大地主、政治家。伯爵。オーストリア領ガリツィアの総督を務めたが、ウクライナ人民族主義者によって暗殺された。保守政治家のアダム・ユゼフ・ポトツキ伯爵とその妻のカタジナ・ブラニツカ伯爵夫人(Katarzyna Potocka)の間の次男として、クラクフ郊外のクシェショヴィツェで生まれた。父方の曽祖父は小説家ヤン・ポトツキ、母方の曽祖父はヘトマンのフランチシェク・クサヴェリ・ブラニツキ、義理の叔父(母の妹の夫)は詩人ジグムント・クラシンスキ、従伯父はツィスライタニエン首相を務めた政治家アルフレト・ユゼフ・ポトツキである。クラクフ大学で法学を専攻し、1884年には法学博士号を取得した。ポーランド有数の名門貴族ポトツキ家の一員であり、クシェショヴィツェおよびカミョンカ・ブジャンスカ(現在のウクライナ領リヴィウ州カーミョンカ・ブジカ)の領主であった。1901年から1902年までガリツィア領邦議会の議長を務め、1903年から1908年まで、オーストリア領ガリツィア総督を務めた。1907年には皇帝フランツ・ヨーゼフ1世より金羊毛騎士団の騎士に叙任された。1908年4月12日、ガリツィア領邦議会の通常国会に出席した際、レンベルク大学法学部のウクライナ人学生ミロスラヴ・シチンシクィイ(Мирослав Січинський)によって6発の銃弾を撃ち込まれて死亡した。ポトツキの最期の言葉は、「ポトツキは最後まで皇帝陛下の忠実な家来でありました、と陛下のお耳に入れよ(Telegrafujcie cesarzowi, że byłem jego wiernym sługą)」であった。1889年にクリスティーナ・ティシュキェヴィチ伯爵夫人(Krystyna Tyszkiewicz, 1866年 - 1952年)と結婚し、3男6女の9人の子女をもうけた。
rdfs:label
  • アンジェイ・カジミェシュ・ポトツキ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of