Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アンシブル(Ansible)とはアーシュラ・K・ル=グウィンのSFシリーズ、ハイニッシュ・ユニバースに登場する超光速通信技術。1966年出版の『ロカノンの世界』で初出。語源は、ル・グィン自身によればAnswerableのもじりであるというが、実際はLesbianのアナグラムではないかと推測されている(当時は同性愛に無政府主義的な響きがあった)。この技術は他の作家の作品にも影響を与え、全く関連のない作品中の超光速通信もアンシブルという名称で呼ばれることがある。フランク・ハーバート、ヴァーナー・ヴィンジ、ダン・シモンズ、エリザベス・ムーンなどの作品に登場するが、もっとも有名なのが、オースン・スコット・カードのエンダー・シリーズである。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 694396 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1416 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 19 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47136436 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アンシブル(Ansible)とはアーシュラ・K・ル=グウィンのSFシリーズ、ハイニッシュ・ユニバースに登場する超光速通信技術。1966年出版の『ロカノンの世界』で初出。語源は、ル・グィン自身によればAnswerableのもじりであるというが、実際はLesbianのアナグラムではないかと推測されている(当時は同性愛に無政府主義的な響きがあった)。この技術は他の作家の作品にも影響を与え、全く関連のない作品中の超光速通信もアンシブルという名称で呼ばれることがある。フランク・ハーバート、ヴァーナー・ヴィンジ、ダン・シモンズ、エリザベス・ムーンなどの作品に登場するが、もっとも有名なのが、オースン・スコット・カードのエンダー・シリーズである。
rdfs:label
  • アンシブル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of