Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アンコール・ワット(クメール語: អង្គរវត្ត, 英語: Angkor Wat)は、カンボジア北西部に位置するユネスコの世界遺産(文化遺産)であるアンコール遺跡の一つであり、その遺跡群を代表するヒンドゥー教寺院建築。サンスクリット語でアンコールは王都、クメール語でワットは寺院を意味する。大伽藍と美しい彫刻を特徴としクメール建築の傑作とされ、カンボジア国旗の中央にも同国の象徴として描かれている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 73183 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7877 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 123 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58914843 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:architectureStyle
prop-ja:buildingName
  • អង្គរវត្ត
  • アンコール・ワット
prop-ja:caption
  • 中央祠堂
prop-ja:facadeDirection
  • 西
prop-ja:functionalStatus
  • 遺跡
prop-ja:groundbreaking
  • 12 (xsd:integer)
prop-ja:heritageDesignation
  • 1992 (xsd:integer)
prop-ja:imageSize
  • 320 (xsd:integer)
prop-ja:mapType
  • Cambodia
prop-ja:materials
prop-ja:municipality
prop-ja:province
prop-ja:religiousAffiliation
prop-ja:state
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:yearCompleted
  • 12 (xsd:integer)
dcterms:subject
georss:point
  • 13.4125 103.86666666666666
rdf:type
rdfs:comment
  • アンコール・ワット(クメール語: អង្គរវត្ត, 英語: Angkor Wat)は、カンボジア北西部に位置するユネスコの世界遺産(文化遺産)であるアンコール遺跡の一つであり、その遺跡群を代表するヒンドゥー教寺院建築。サンスクリット語でアンコールは王都、クメール語でワットは寺院を意味する。大伽藍と美しい彫刻を特徴としクメール建築の傑作とされ、カンボジア国旗の中央にも同国の象徴として描かれている。
rdfs:label
  • アンコール・ワット
owl:sameAs
geo:lat
  • 13.412500 (xsd:float)
geo:long
  • 103.866669 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:architectureStyle of
is prop-ja:caption of
is foaf:primaryTopic of