Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アングロ=イタリアン・カップ(Anglo-Italian Cup)またはアングロ=イタリアン・インター=リーグ・クラブズ・コンペティション(Anglo-Italian Inter-League Clubs Competition)は、1970年から1996年までイングランドとイタリアのクラブ間で断続的に開催されていたサッカー大会である。先行するアングロ=イタリアン・リーグカップ(1969年-1971年、1975年-1976年)の成功を受けて1970年にジジ・ペロナーチェによって大会が創設され、1973年までプロによるトーナメントとして行われた。当時、この大会はファン同士の暴力が蔓延する大会という世評を受けた。1976年にセミプロのトーナメントとして復活し、アリタリア・チャレンジカップ(Alitalia Challenge Cup、1978年-1980年)、タルボット・チャレンジカップ(Talbot Challenge Cup、1981年)、ジジ・ペロナーチェ・メモリアル(Gigi Peronace Memorial、1982年-1986年)と大会名を変えて1986年に廃止されるまで続いた。1992年にフルメンバーズカップ(1986年-1992年)に代わる格好で復活し、2部リーグのクラブが参加するプロ大会として4シーズン行われたが、過密日程のため廃止された。トロフィーは木製の台座に取り付けられた56センチの金の賞杯だった。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1929843 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13192 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 106 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53274811 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アングロ=イタリアン・カップ(Anglo-Italian Cup)またはアングロ=イタリアン・インター=リーグ・クラブズ・コンペティション(Anglo-Italian Inter-League Clubs Competition)は、1970年から1996年までイングランドとイタリアのクラブ間で断続的に開催されていたサッカー大会である。先行するアングロ=イタリアン・リーグカップ(1969年-1971年、1975年-1976年)の成功を受けて1970年にジジ・ペロナーチェによって大会が創設され、1973年までプロによるトーナメントとして行われた。当時、この大会はファン同士の暴力が蔓延する大会という世評を受けた。1976年にセミプロのトーナメントとして復活し、アリタリア・チャレンジカップ(Alitalia Challenge Cup、1978年-1980年)、タルボット・チャレンジカップ(Talbot Challenge Cup、1981年)、ジジ・ペロナーチェ・メモリアル(Gigi Peronace Memorial、1982年-1986年)と大会名を変えて1986年に廃止されるまで続いた。1992年にフルメンバーズカップ(1986年-1992年)に代わる格好で復活し、2部リーグのクラブが参加するプロ大会として4シーズン行われたが、過密日程のため廃止された。トロフィーは木製の台座に取り付けられた56センチの金の賞杯だった。
rdfs:label
  • アングロ=イタリアン・カップ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of