Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アンガ国(サンスクリット語 अङ्ग、パーリ語 अङ्ग)は、古代インドの国名。首都はチャンパーである。他に、アッサプラやバドリカーなどの都市を擁していた。古くは『アタルヴァ・ヴェーダ』に、マガダ国やガンダーラ国とともに名が挙げられている。仏教やジャイナ教の文献にも登場し、初期仏教の聖典『アングッタラ・ニカーヤ』の中では十六大国のひとつに数えられ、紀元前6世紀頃にも栄えていたことが窺える。プラーナ文献においても、カリンガ国などとともに、国名として言及されている。『マハーバーラタ』においては、アンガ国はヴァンガ国と連合してひとつの国を形成していた、とされる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1457448 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1584 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 39 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47246214 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アンガ国(サンスクリット語 अङ्ग、パーリ語 अङ्ग)は、古代インドの国名。首都はチャンパーである。他に、アッサプラやバドリカーなどの都市を擁していた。古くは『アタルヴァ・ヴェーダ』に、マガダ国やガンダーラ国とともに名が挙げられている。仏教やジャイナ教の文献にも登場し、初期仏教の聖典『アングッタラ・ニカーヤ』の中では十六大国のひとつに数えられ、紀元前6世紀頃にも栄えていたことが窺える。プラーナ文献においても、カリンガ国などとともに、国名として言及されている。『マハーバーラタ』においては、アンガ国はヴァンガ国と連合してひとつの国を形成していた、とされる。
rdfs:label
  • アンガ国
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of