Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『アンの幸福』(原題:Anne of Windy Willows、 Anne of Windy Poplars(米国)、柳風荘のアン)は、カナダの作家L・M・モンゴメリが1936年に発表した長編小説(『赤毛のアン』シリーズとしては時系列的では第8作目にあたる、1921年に刊行された『アンの娘リラ』以来である)。時系列的には同シリーズの第4作目にあたるが、第5作目以降が先に発行されており、後から挿入された形になっている。したがって、今作品の登場人物が登場するのは、時系列的には第6作にあたる『炉辺荘のアン』にのみである。大学を卒業し、サマーサイド高校校長となったアンと、医者を目指してレドモンドの医科で勉強中のギルバートの婚約時代を描く。ウェブスターの名作『あしながおじさん』のような手紙文学の形をかなりの部分で使用しており、興味深い。ただし、長期シリーズにおける弊害の一つである、主人公が育ちきってしまっている点は顕在化されており、読者の興味は第1作のようにアン自身に対する個性へは注げなくなっている。前半はアンの奮闘を描いているが、中盤以降はアンがサマーサイドにおけるさまざまな家庭をある時は頼られ、ある時は用事で訪れ、そこで起こる様々な出来事を一章完結方式で描いており、アンの視点から様々なエピソードをユーモアを交えながら書いている。ちなみに、原題にある「Willow」は柳という以外にも後家という意味があり(恋人を弔うの意味であるwear the willowという成句がある)、作中には多くの未亡人が登場する。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 785854 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7465 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 33 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58967953 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『アンの幸福』(原題:Anne of Windy Willows、 Anne of Windy Poplars(米国)、柳風荘のアン)は、カナダの作家L・M・モンゴメリが1936年に発表した長編小説(『赤毛のアン』シリーズとしては時系列的では第8作目にあたる、1921年に刊行された『アンの娘リラ』以来である)。時系列的には同シリーズの第4作目にあたるが、第5作目以降が先に発行されており、後から挿入された形になっている。したがって、今作品の登場人物が登場するのは、時系列的には第6作にあたる『炉辺荘のアン』にのみである。大学を卒業し、サマーサイド高校校長となったアンと、医者を目指してレドモンドの医科で勉強中のギルバートの婚約時代を描く。ウェブスターの名作『あしながおじさん』のような手紙文学の形をかなりの部分で使用しており、興味深い。ただし、長期シリーズにおける弊害の一つである、主人公が育ちきってしまっている点は顕在化されており、読者の興味は第1作のようにアン自身に対する個性へは注げなくなっている。前半はアンの奮闘を描いているが、中盤以降はアンがサマーサイドにおけるさまざまな家庭をある時は頼られ、ある時は用事で訪れ、そこで起こる様々な出来事を一章完結方式で描いており、アンの視点から様々なエピソードをユーモアを交えながら書いている。ちなみに、原題にある「Willow」は柳という以外にも後家という意味があり(恋人を弔うの意味であるwear the willowという成句がある)、作中には多くの未亡人が登場する。
rdfs:label
  • アンの幸福
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of