Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アロサウルス(Allosaurus、“異なるトカゲ”の意、かつての和名は異竜)とは、1億5500万年〜1億4500万年前の中生代ジュラ紀後期に生息していた大型肉食獣脚類に属する恐竜である。1877年にアメリカの古生物学者オスニエル・チャールズ・マーシュがこの種を定義づける化石を初めて報告した。肉食恐竜としてはティラノサウルスと共に恐竜研究の興隆期からよく知られたものの1つであり、古生物学を専業とする人々以外にも映画やドキュメンタリーを通して有名な存在である。また日本では、国内で最初の恐竜の骨格展示として1964年に国立科学博物館で標本が公開された。のち、2015年7月の地球館展示リニューアルに伴って1階に常設展示がはじまった。
dbpedia-owl:family
dbpedia-owl:order
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 325131 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 48241 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 258 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58893985 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:上科
  • アロサウルス上科
prop-ja:下位分類
  • *A. fragilis(基準標本) *?A. europaeus *A. "jimmadseni" *?A. tendagurensis 他
prop-ja:下位分類名
prop-ja:下目
  • テタヌラ下目
prop-ja:下目階級なし
  • カルノサウルス類
prop-ja:亜目
  • 獣脚亜目
prop-ja:名称
  • Allosaurus
  • アロサウルス
prop-ja:地質時代
prop-ja:学名
  • Allosaurus
prop-ja:
  • '''アロサウルス属
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像キャプション
  • アロサウルスの骨格
prop-ja:
  • 竜盤目
prop-ja:省略
  • 恐竜上目
prop-ja:
  • アロサウルス科
dc:description
  • アロサウルスの骨格
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • アロサウルス(Allosaurus、“異なるトカゲ”の意、かつての和名は異竜)とは、1億5500万年〜1億4500万年前の中生代ジュラ紀後期に生息していた大型肉食獣脚類に属する恐竜である。1877年にアメリカの古生物学者オスニエル・チャールズ・マーシュがこの種を定義づける化石を初めて報告した。肉食恐竜としてはティラノサウルスと共に恐竜研究の興隆期からよく知られたものの1つであり、古生物学を専業とする人々以外にも映画やドキュメンタリーを通して有名な存在である。また日本では、国内で最初の恐竜の骨格展示として1964年に国立科学博物館で標本が公開された。のち、2015年7月の地球館展示リニューアルに伴って1階に常設展示がはじまった。
rdfs:label
  • アロサウルス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 恐竜上目
  • Allosaurus
  • アロサウルス
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of