Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アレスティング・ワイヤー (arresting wire) とは、飛行機を短い滑走距離だけで着陸・停止させるための鋼索状の支援設備である。アレスティング・ケーブル (arresting cable)、アレスター・ケーブル (arrestor cable)、アレスター・ワイヤー (arrestor wire) などとも呼ばれる。現代のアレスティング・ワイヤーでは、滑走路上もしくは飛行甲板上に飛行機の進行方向と直角方向(横向き)に張られたアレスティング・ワイヤーを、飛行機に装着したアレスティング・フックで引っかけることで飛行機を急激に減速し、短距離で停止させる。主に航空母艦の着艦制動装置として使用され、アングルド・デッキを持った現代の航空母艦においては飛行甲板後部の着艦用甲板部分に3~4本を設置する(アングルド・デッキ実用化前の直線型飛行甲板だった時代は10本~18本が設置されていた)。短距離着陸用や緊急着陸用、着艦練習用に陸上基地でも設置されることがある。フライ・バイ・ワイヤの用語からうかがい知れるように現代の航空業界で wire というとまずは電線を指す言葉で、機械的リンケージは cable の方が正確であるが、本装置はその歴史上 wire と呼ばれ続けている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 740488 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4242 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 42 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57495521 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アレスティング・ワイヤー (arresting wire) とは、飛行機を短い滑走距離だけで着陸・停止させるための鋼索状の支援設備である。アレスティング・ケーブル (arresting cable)、アレスター・ケーブル (arrestor cable)、アレスター・ワイヤー (arrestor wire) などとも呼ばれる。現代のアレスティング・ワイヤーでは、滑走路上もしくは飛行甲板上に飛行機の進行方向と直角方向(横向き)に張られたアレスティング・ワイヤーを、飛行機に装着したアレスティング・フックで引っかけることで飛行機を急激に減速し、短距離で停止させる。主に航空母艦の着艦制動装置として使用され、アングルド・デッキを持った現代の航空母艦においては飛行甲板後部の着艦用甲板部分に3~4本を設置する(アングルド・デッキ実用化前の直線型飛行甲板だった時代は10本~18本が設置されていた)。短距離着陸用や緊急着陸用、着艦練習用に陸上基地でも設置されることがある。フライ・バイ・ワイヤの用語からうかがい知れるように現代の航空業界で wire というとまずは電線を指す言葉で、機械的リンケージは cable の方が正確であるが、本装置はその歴史上 wire と呼ばれ続けている。
rdfs:label
  • アレスティング・ワイヤー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of