Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アレコリン (arecoline) はアルカロイドに分類される天然物の一種。檳榔子(ビンロウジ:ビンロウ Areca cathechu の実)に含まれる。芳香のある揮発性油状物質で、ほとんどの有機溶媒や水と混和するが、塩が溶解した水層からはジエチルエーテルで抽出することができる。塩は結晶だが潮解性を有する。臭化水素塩 (B•HBr) は熱エタノールから再結晶すると融点 177–179°Cの細い角柱状結晶を形成し、塩化金酸塩 (B•HAuCl4) は油状、六塩化白金酸塩 (B2•H2PtCl6) は水からの再結晶で融点176°Cのオレンジから赤色の菱形結晶を形成する。メチオジド体(N-メチルヨージド体)は融点173–174°Cの光沢ある結晶となる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1936095 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4587 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 33 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51616637 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:atcPrefix
  • none
prop-ja:boilingPoint
  • 209 (xsd:integer)
prop-ja:c
  • 8 (xsd:integer)
prop-ja:casNumber
  • 63 (xsd:integer)
prop-ja:chemspiderid
  • 13872064 (xsd:integer)
prop-ja:density
  • 1.049500 (xsd:double)
prop-ja:drugbank
  • EXPT03296
prop-ja:h
  • 13 (xsd:integer)
prop-ja:image
  • Arecoline3d.png
prop-ja:inchi
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:inchikey
  • HJJPJSXJAXAIPN-UHFFFAOYAX
prop-ja:iupacName
  • methyl methyl-1,2,5,6-tetrahydropyridine-3-carboxylate
prop-ja:molecularWeight
  • 155.194000 (xsd:double)
prop-ja:n
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:o
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:pubchem
  • 2230 (xsd:integer)
prop-ja:smiles
  • O=CC=1CNCCC=1
prop-ja:verifiedrevid
  • 321833201 (xsd:integer)
prop-ja:width
  • 149 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アレコリン (arecoline) はアルカロイドに分類される天然物の一種。檳榔子(ビンロウジ:ビンロウ Areca cathechu の実)に含まれる。芳香のある揮発性油状物質で、ほとんどの有機溶媒や水と混和するが、塩が溶解した水層からはジエチルエーテルで抽出することができる。塩は結晶だが潮解性を有する。臭化水素塩 (B•HBr) は熱エタノールから再結晶すると融点 177–179°Cの細い角柱状結晶を形成し、塩化金酸塩 (B•HAuCl4) は油状、六塩化白金酸塩 (B2•H2PtCl6) は水からの再結晶で融点176°Cのオレンジから赤色の菱形結晶を形成する。メチオジド体(N-メチルヨージド体)は融点173–174°Cの光沢ある結晶となる。
rdfs:label
  • アレコリン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of