Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アレクセイ・イグナショフ(Alexey Ignashov、男性、1978年1月18日 - )は、ベラルーシ出身のキックボクサー。フリー。ニックネームは「レッド・スコーピオン」「毒サソリ」「ベラルーシの赤サソリ」。参戦当初は「アーツ2世」「東欧のアーツ」とも言われていた。かつては母国ベラルーシのチヌックジムに所属していた。長身から繰り出される膝蹴りが得意。この膝は「レッド・スコーピオン(赤いサソリ)」と表現され、それがそのままイグナショフを表す代名詞となった。2003年以降はパンチを主とするカウンター狙いのファイトスタイルになっている。彼は全くと言っていいほどダウンを喫したことがない。敗れた試合はすべて判定負けか負傷によるドクターストップによるものである。2005年の夏に大学院を卒業し、以後は進路をプロ格闘技一本に絞っている。2007年頃より活動の拠点をニュージーランドに移している。毎試合の入場曲は、Outsideの「To Forgive But Not Forget」。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 214073 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12013 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 149 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58012068 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:birthDate
  • 1978-01-18 (xsd:date)
prop-ja:birthPlace
prop-ja:cm
  • 196.0
prop-ja:decloss
  • 0 (xsd:integer)
  • 15 (xsd:integer)
prop-ja:decwins
  • 0 (xsd:integer)
  • 38 (xsd:integer)
prop-ja:draws
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:kg
  • 110.0
prop-ja:ko
  • 40 (xsd:integer)
prop-ja:koloss
  • 0 (xsd:integer)
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:kowins
  • 1 (xsd:integer)
  • 41 (xsd:integer)
prop-ja:losses
  • 1 (xsd:integer)
  • 18 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • アレクセイ・イグナショフ
prop-ja:nickname
  • ベラルーシの赤サソリ
  • レッド・スコーピオン
  • 赤い毒サソリ
prop-ja:noContests
  • 0 (xsd:integer)
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:otherloss
  • 0 (xsd:integer)
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:otherwins
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:realname
  • アレクセイ・イグナショフ
prop-ja:style
prop-ja:subloss
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:subwins
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:total
  • 3 (xsd:integer)
  • 95 (xsd:integer)
  • 97 (xsd:integer)
prop-ja:weight
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:wins
  • 1 (xsd:integer)
  • 77 (xsd:integer)
  • 79 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アレクセイ・イグナショフ(Alexey Ignashov、男性、1978年1月18日 - )は、ベラルーシ出身のキックボクサー。フリー。ニックネームは「レッド・スコーピオン」「毒サソリ」「ベラルーシの赤サソリ」。参戦当初は「アーツ2世」「東欧のアーツ」とも言われていた。かつては母国ベラルーシのチヌックジムに所属していた。長身から繰り出される膝蹴りが得意。この膝は「レッド・スコーピオン(赤いサソリ)」と表現され、それがそのままイグナショフを表す代名詞となった。2003年以降はパンチを主とするカウンター狙いのファイトスタイルになっている。彼は全くと言っていいほどダウンを喫したことがない。敗れた試合はすべて判定負けか負傷によるドクターストップによるものである。2005年の夏に大学院を卒業し、以後は進路をプロ格闘技一本に絞っている。2007年頃より活動の拠点をニュージーランドに移している。毎試合の入場曲は、Outsideの「To Forgive But Not Forget」。
rdfs:label
  • アレクセイ・イグナショフ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of