Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アレクサンドロス(ギリシア語:Αλέξανδρος (Aleksandros), 870年頃 - 913年6月6日)は、東ローマ帝国マケドニア王朝の第3代皇帝(在位:912年5月11日 - 913年)。同王朝初代皇帝バシレイオス1世の子で、同・第2代皇帝レオーン6世の弟。兄のレオーン6世やステファノス(コンスタンティノポリス総主教)とは違い、バシレイオス1世とエウドキア・インゲリナとの間に生まれたことが確実な唯一の男子。名前はバシレイオス1世がテマ・マケドニア出身だったため(古代マケドニア王国とは地域がずれるが)アレクサンドロス3世にちなんで命名されたと考えられる。長兄のコンスタンティノスが没したあと、879年に共同皇帝となった。883年から886年にかけてレオーンが後継者の地位を剥奪されていた時期には、アレクサンドロスがバシレイオス1世の後継者とされていたと考えられる。おそらくこの時期に結婚したが、終生子供はいなかった。レオーン6世の治世の間、共同皇帝としてなんら実務に関与することなく過ごす。兄との仲はあまり良いとは言えず、聖モキオス教会でレオーン6世の暗殺未遂事件が起きた時には、関与を疑われたこともある。しかしそれでも、912年にレオーン6世はまだ幼少であった息子のコンスタンティノス7世の後見を委ねて没した。権力を握ったアレクサンドロスは、レオーン6世の政策の多くを変更した。まず総主教のエウテュミオスを罷免して、レオーン6世と対立して追放されていたニコラオス1世ミュスティコスを復位させた。また896年に第一次ブルガリア帝国と結んだ和約を破棄して、貢納金の支払いを打ち切った。そのためシメオン1世が再びブルガリアが侵攻する原因を生んだ。さらに、イスラーム艦隊に敗れて撤退してきたヒメリオスを更迭・投獄した。913年6月6日、在位わずか1年にして病死した。彼は後見していたコンスタンティノス7世によって後継されるが、なお幼児だったため、ニコラオス1世ミュスティコスやステファノス・カロマリアス(フォティオスの従兄弟)らにコンスタンティノスの後見を依頼して没した。聖ソフィア大聖堂に彼の全身を描いたモザイクが残されている(本項冒頭画像参照)。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 180607 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2001 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 51 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46703976 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:人名
  • アレクサンドロス
prop-ja:全名
  • アレクサンドロス
prop-ja:出生日
  • 870 (xsd:integer)
prop-ja:別号
  • 共同皇帝(876年 - 912年)
prop-ja:君主号
  • 東ローマ皇帝
prop-ja:在位
  • --05-11
prop-ja:死亡日
  • --06-06
prop-ja:母親
  • エウドキア・インゲリナ
prop-ja:没地
prop-ja:父親
prop-ja:王朝
prop-ja:生地
prop-ja:画像
  • Alexanderemp.jpg
prop-ja:画像サイズ
  • 150 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
prop-ja:配偶者
  • なし
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アレクサンドロス(ギリシア語:Αλέξανδρος (Aleksandros), 870年頃 - 913年6月6日)は、東ローマ帝国マケドニア王朝の第3代皇帝(在位:912年5月11日 - 913年)。同王朝初代皇帝バシレイオス1世の子で、同・第2代皇帝レオーン6世の弟。兄のレオーン6世やステファノス(コンスタンティノポリス総主教)とは違い、バシレイオス1世とエウドキア・インゲリナとの間に生まれたことが確実な唯一の男子。名前はバシレイオス1世がテマ・マケドニア出身だったため(古代マケドニア王国とは地域がずれるが)アレクサンドロス3世にちなんで命名されたと考えられる。長兄のコンスタンティノスが没したあと、879年に共同皇帝となった。883年から886年にかけてレオーンが後継者の地位を剥奪されていた時期には、アレクサンドロスがバシレイオス1世の後継者とされていたと考えられる。おそらくこの時期に結婚したが、終生子供はいなかった。レオーン6世の治世の間、共同皇帝としてなんら実務に関与することなく過ごす。兄との仲はあまり良いとは言えず、聖モキオス教会でレオーン6世の暗殺未遂事件が起きた時には、関与を疑われたこともある。しかしそれでも、912年にレオーン6世はまだ幼少であった息子のコンスタンティノス7世の後見を委ねて没した。権力を握ったアレクサンドロスは、レオーン6世の政策の多くを変更した。まず総主教のエウテュミオスを罷免して、レオーン6世と対立して追放されていたニコラオス1世ミュスティコスを復位させた。また896年に第一次ブルガリア帝国と結んだ和約を破棄して、貢納金の支払いを打ち切った。そのためシメオン1世が再びブルガリアが侵攻する原因を生んだ。さらに、イスラーム艦隊に敗れて撤退してきたヒメリオスを更迭・投獄した。913年6月6日、在位わずか1年にして病死した。彼は後見していたコンスタンティノス7世によって後継されるが、なお幼児だったため、ニコラオス1世ミュスティコスやステファノス・カロマリアス(フォティオスの従兄弟)らにコンスタンティノスの後見を依頼して没した。聖ソフィア大聖堂に彼の全身を描いたモザイクが残されている(本項冒頭画像参照)。
rdfs:label
  • アレクサンドロス (東ローマ皇帝)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of