Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アレクサンドル・アレクサンドロヴィチ(Александр Александрович, 1869年6月7日 - 1870年5月2日)は、ロシア皇帝アレクサンドル3世とその妻マリヤ・フョードロヴナ皇后の間の第2子、次男。ロシア大公の称号を有した。出生時、父アレクサンドル3世は祖父アレクサンドル2世のツェサレーヴィチであった。アレクサンドル・アレクサンドロヴィチは、出生時から兄ニコライに次いで帝位継承順位第3位であった。1870年、1歳の誕生日を迎える前に髄膜炎が原因で亡くなった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2012012 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 604 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 14 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54592675 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アレクサンドル・アレクサンドロヴィチ(Александр Александрович, 1869年6月7日 - 1870年5月2日)は、ロシア皇帝アレクサンドル3世とその妻マリヤ・フョードロヴナ皇后の間の第2子、次男。ロシア大公の称号を有した。出生時、父アレクサンドル3世は祖父アレクサンドル2世のツェサレーヴィチであった。アレクサンドル・アレクサンドロヴィチは、出生時から兄ニコライに次いで帝位継承順位第3位であった。1870年、1歳の誕生日を迎える前に髄膜炎が原因で亡くなった。
rdfs:label
  • アレクサンドル・アレクサンドロヴィチ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of