Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アレクサンダー・ハミルトン(Alexander Hamilton, 1755年1月11日 - 1804年7月12日)は、アメリカ合衆国建国の父の1人。日本語ではアレキサンダー・ハミルトン、アレグザンダー・ハミルトンとも表記される。政治家、憲法思想家、哲学者であり、アメリカ合衆国初期外交のリーダーであった。独立戦争の際には総司令官ジョージ・ワシントンの副官(砲兵将校、陸軍中佐)を務めた。1787年のフィラデルフィア憲法制定会議の発案者で、アメリカ合衆国憲法の実際の起草者。アメリカ合衆国憲法コメンタリーの古典『ザ・フェデラリスト』の主執筆者。古き英国の法思想「法の支配」に基づくコモン・ロー化した憲法を生み出した、立憲主義の著名な思想家である。司法による違憲立法審査権の制度の理論は、ハミルトンによる。英国のアクトン卿は、ハミルトンを「バークを超える世界随一の天才」と過大な評価をしている。アメリカ合衆国の初代財務長官(在任:1789年9月11日 - 1795年1月31日)。陸軍少将。連邦党の党首。1801年、米国最古の日刊紙ニューヨーク・ポスト紙やバンク・オブ・ニューヨークを創業した。1804年、対立するアーロン・バーとの決闘で死去、49歳だった。
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 208960 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13457 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 196 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57565739 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:allegiance
  • アメリカ合衆国(1777年発足)
  • ニューヨーク州(1776年発足)
  • ニューヨーク植民地(1775年発足)
prop-ja:battles
prop-ja:before
prop-ja:birthDate
  • または 1757年
prop-ja:birthPlace
prop-ja:branch
prop-ja:children
  • フィリップ
  • アレクサンダー
  • アンジェリカ
  • ウィリアム・スティーブン
  • エリザ・ハミルトン・ホリー
  • ジェームズ・アレクサンダー
  • ジョン・チャーチ
  • フィリップ(リトル・フィル)
prop-ja:deathDate
  • --07-12
prop-ja:deathPlace
prop-ja:department
  • アメリカ合衆国財務長官
prop-ja:name
  • アレクサンダー・ハミルトン
prop-ja:order
prop-ja:party
prop-ja:president
prop-ja:profession
prop-ja:rank
  • 5 (xsd:integer)
  • 20 (xsd:integer)
  • 任官:
  • 最終階級:
prop-ja:religion
prop-ja:serviceyears
  • 1775 (xsd:integer)
  • 1776 (xsd:integer)
  • 1798 (xsd:integer)
prop-ja:signature
  • Alexander Hamilton Signaturert.svg
prop-ja:spouse
prop-ja:successor
prop-ja:termEnd
  • 1783 (xsd:integer)
  • 1786 (xsd:integer)
  • 1787 (xsd:integer)
  • 1788 (xsd:integer)
  • 1789 (xsd:integer)
  • --01-31
prop-ja:termStart
  • 1782 (xsd:integer)
  • 1786 (xsd:integer)
  • 1787 (xsd:integer)
  • 1788 (xsd:integer)
  • --09-11
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • --07-18
  • --09-11
  • --12-14
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • アレクサンダー・ハミルトン(Alexander Hamilton, 1755年1月11日 - 1804年7月12日)は、アメリカ合衆国建国の父の1人。日本語ではアレキサンダー・ハミルトン、アレグザンダー・ハミルトンとも表記される。政治家、憲法思想家、哲学者であり、アメリカ合衆国初期外交のリーダーであった。独立戦争の際には総司令官ジョージ・ワシントンの副官(砲兵将校、陸軍中佐)を務めた。1787年のフィラデルフィア憲法制定会議の発案者で、アメリカ合衆国憲法の実際の起草者。アメリカ合衆国憲法コメンタリーの古典『ザ・フェデラリスト』の主執筆者。古き英国の法思想「法の支配」に基づくコモン・ロー化した憲法を生み出した、立憲主義の著名な思想家である。司法による違憲立法審査権の制度の理論は、ハミルトンによる。英国のアクトン卿は、ハミルトンを「バークを超える世界随一の天才」と過大な評価をしている。アメリカ合衆国の初代財務長官(在任:1789年9月11日 - 1795年1月31日)。陸軍少将。連邦党の党首。1801年、米国最古の日刊紙ニューヨーク・ポスト紙やバンク・オブ・ニューヨークを創業した。1804年、対立するアーロン・バーとの決闘で死去、49歳だった。
rdfs:label
  • アレクサンダー・ハミルトン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:influenced of
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:before of
is prop-ja:influenced of
is prop-ja:influences of
is prop-ja:namedFor of
is prop-ja:predecessor of
is prop-ja:初代 of
is foaf:primaryTopic of