Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アレオパゴスのディオニシオ(希: Διονύσιος ὁ Ἀρεοπαγίτης、羅: Dionysius Areopagita)は、『使徒行伝』(17:34)において一度だけ登場する、アテナイのアレオパゴス評議所における裁判人だったアテナイ人、ディオニシオ(ディオニュシオス)のこと。このアレオパゴスのディオニシオ(アレオパゴスの議員ディオニシオ)という表現は、新共同訳聖書で用いられる表現で、その他の聖書における表現としてはアレオパゴスの裁判人デオヌシオ(文語訳聖書・口語訳聖書)ディオニシイ「アレヲパギト」(日本正教会訳聖書)などがある。また、聖書外の学術分野では、ラテン語表現の直訳であるディオニュシウス・アレオパギタ(羅: Dionysius Areopagita)古代ギリシア語表現の直訳であるディオニュシオス・ホ・アレオパギテース(希: Διονύσιος ὁ Ἀρεοπαγίτης)アレオパゴスのディオニュシオスといった表現が専ら用いられる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2694829 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1915 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 19 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54422282 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アレオパゴスのディオニシオ(希: Διονύσιος ὁ Ἀρεοπαγίτης、羅: Dionysius Areopagita)は、『使徒行伝』(17:34)において一度だけ登場する、アテナイのアレオパゴス評議所における裁判人だったアテナイ人、ディオニシオ(ディオニュシオス)のこと。このアレオパゴスのディオニシオ(アレオパゴスの議員ディオニシオ)という表現は、新共同訳聖書で用いられる表現で、その他の聖書における表現としてはアレオパゴスの裁判人デオヌシオ(文語訳聖書・口語訳聖書)ディオニシイ「アレヲパギト」(日本正教会訳聖書)などがある。また、聖書外の学術分野では、ラテン語表現の直訳であるディオニュシウス・アレオパギタ(羅: Dionysius Areopagita)古代ギリシア語表現の直訳であるディオニュシオス・ホ・アレオパギテース(希: Διονύσιος ὁ Ἀρεοπαγίτης)アレオパゴスのディオニュシオスといった表現が専ら用いられる。
rdfs:label
  • アレオパゴスのディオニシオ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:influencedBy of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:influences of
is foaf:primaryTopic of