Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アルメニア神話は、キリスト教が入る以前の古代アルメニアで信仰されていた神話であるが、情報はあまり残されていない。一番古い資料は、歴史家モーセス・ホレナツィの『アルメニア史』 (History of Armenia (book)) である。アルメニアの神話は、アラマズド・アナヒット・ミフルがゾロアスター教、バルシャミンがアッシリアの影響を受ける一方、土着の美麗王アラ、ハイク・ナハペト、ヴァハグンのようにエウヘメリズム的に人から神になった神々も存在する。ド·モルガンによると、アルメニア人は最初は自然崇拝者であった​が、時と共にローマ、ペルシャとギリシャの文化の影響を受け多神教を国教とするようになった痕跡が見られるとした。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3006561 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2475 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 65 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58656466 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アルメニア神話は、キリスト教が入る以前の古代アルメニアで信仰されていた神話であるが、情報はあまり残されていない。一番古い資料は、歴史家モーセス・ホレナツィの『アルメニア史』 (History of Armenia (book)) である。アルメニアの神話は、アラマズド・アナヒット・ミフルがゾロアスター教、バルシャミンがアッシリアの影響を受ける一方、土着の美麗王アラ、ハイク・ナハペト、ヴァハグンのようにエウヘメリズム的に人から神になった神々も存在する。ド·モルガンによると、アルメニア人は最初は自然崇拝者であった​が、時と共にローマ、ペルシャとギリシャの文化の影響を受け多神教を国教とするようになった痕跡が見られるとした。
rdfs:label
  • アルメニア神話
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of