Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アルマンド・ジョゼ・フェルナンデス(Armando José Fernandes, 1906年7月26日 - 1983年5月3日)は、ポルトガルの作曲家。リスボン出身。リスボン音楽院で学んだ後、奨学金を得てパリに留学し、ナディア・ブーランジェに師事した。はじめはピアニストとして活動していたが、やがて作曲と教育に専念するようになる。1940年からアカデミア・デ・アマドーリス・デ・ムジカで教鞭をとり、さらに1953年から1976年までリスボン音楽院で教壇に立った。またポルトガルの古楽作品の出版も行っている。作品にはチェロ・ソナタ、ヴァイオリン協奏曲、多くのピアノ曲がある。作風は新古典主義によっている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1326141 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1059 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46898070 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アルマンド・ジョゼ・フェルナンデス(Armando José Fernandes, 1906年7月26日 - 1983年5月3日)は、ポルトガルの作曲家。リスボン出身。リスボン音楽院で学んだ後、奨学金を得てパリに留学し、ナディア・ブーランジェに師事した。はじめはピアニストとして活動していたが、やがて作曲と教育に専念するようになる。1940年からアカデミア・デ・アマドーリス・デ・ムジカで教鞭をとり、さらに1953年から1976年までリスボン音楽院で教壇に立った。またポルトガルの古楽作品の出版も行っている。作品にはチェロ・ソナタ、ヴァイオリン協奏曲、多くのピアノ曲がある。作風は新古典主義によっている。
rdfs:label
  • アルマンド・ジョゼ・フェルナンデス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of