Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『アルマゲスト』(英: Almagest)は、ローマ帝国時代にエジプト・アレクサンドリアの天文学者クラウディオス・プトレマイオスによって書かれた、天文学(実質的には幾何学)の専門書である。プトレマイオス自身の手による原典は失われているが、ギリシア語写本の題名として古代ギリシア語: Μαθηματικἠ Σσύνταξις (英語: Mathematike Syntaxis (『数学体系』)、あるいは 古代ギリシア語: η Μεγαλἠ Σσύνταξις της Αστρονομιας (英語: he Megale Syntaxis tes Astronomias(『天文学大系』)といった題名が見られる。これが後にアラビア語に翻訳された際に Kitab al-Mijisti と呼ばれた。なお、アラビア語に "mijisti"(あるいは "majisti")といった語彙は存在せず、ギリシア語の "μαγιστη"(「大きい」を意味する形容詞 "μεγας" の最上級)を音訳したものであると考えられている。これがさらにラテン語に翻訳されて ラテン語: Almagestum あるいは ラテン語: Almagesti と音訳された。英: Almagest はその現代語形(英語・ドイツ語)の名前に変わった。『アルマゲスト』に書かれていた天動説は惑星の運動を説明するモデルとして1000年以上にわたってアラブ及びヨーロッパ世界に受け入れられた。『アルマゲスト』は現代の我々にとって、古代ギリシアの天文学について知る上での最も重要な情報源となっている。また『アルマゲスト』は、原本が失われた古代ギリシアの数学者ヒッパルコスの文献についての引用を多く含むため、数学を学ぶ者にとっても価値のある本とされてきた。ヒッパルコスは三角法についての本を著したが、彼の原書は失われているため、数学者達はヒッパルコスの研究成果や古代ギリシアの三角法一般についての情報源として『アルマゲスト』を参考にしている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 995374 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6690 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 91 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57319961 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『アルマゲスト』(英: Almagest)は、ローマ帝国時代にエジプト・アレクサンドリアの天文学者クラウディオス・プトレマイオスによって書かれた、天文学(実質的には幾何学)の専門書である。プトレマイオス自身の手による原典は失われているが、ギリシア語写本の題名として古代ギリシア語: Μαθηματικἠ Σσύνταξις (英語: Mathematike Syntaxis (『数学体系』)、あるいは 古代ギリシア語: η Μεγαλἠ Σσύνταξις της Αστρονομιας (英語: he Megale Syntaxis tes Astronomias(『天文学大系』)といった題名が見られる。これが後にアラビア語に翻訳された際に Kitab al-Mijisti と呼ばれた。なお、アラビア語に "mijisti"(あるいは "majisti")といった語彙は存在せず、ギリシア語の "μαγιστη"(「大きい」を意味する形容詞 "μεγας" の最上級)を音訳したものであると考えられている。これがさらにラテン語に翻訳されて ラテン語: Almagestum あるいは ラテン語: Almagesti と音訳された。英: Almagest はその現代語形(英語・ドイツ語)の名前に変わった。『アルマゲスト』に書かれていた天動説は惑星の運動を説明するモデルとして1000年以上にわたってアラブ及びヨーロッパ世界に受け入れられた。『アルマゲスト』は現代の我々にとって、古代ギリシアの天文学について知る上での最も重要な情報源となっている。また『アルマゲスト』は、原本が失われた古代ギリシアの数学者ヒッパルコスの文献についての引用を多く含むため、数学を学ぶ者にとっても価値のある本とされてきた。ヒッパルコスは三角法についての本を著したが、彼の原書は失われているため、数学者達はヒッパルコスの研究成果や古代ギリシアの三角法一般についての情報源として『アルマゲスト』を参考にしている。
rdfs:label
  • アルマゲスト
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of