Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アルベール・カミュ(Albert Camus、フランス語: [albɛʁ kamy] (13px 聞く)、1913年11月7日 - 1960年1月4日)は、フランスの小説家、劇作家、哲学者。フランス領アルジェリア出身。アルジェ大学卒業後ジャーナリストとして活動、第二次世界大戦中に刊行された小説『異邦人』、エッセイ『シーシュポスの神話』などで注目される。また『カリギュラ』『誤解』などを上演し、劇作家としても活動した。戦後に発表した小説『ペスト』はベストセラーとなったが、エッセイ『反抗的人間』はその思想をめぐって毀誉褒貶を受けた。1957年、史上2番目の若さでノーベル文学賞を受賞している。1960年、交通事故により急死した。カミュの著作は「不条理」という概念によって特徴付けられている。カミュの言う不条理とは、明晰な理性を保ったまま世界に対峙するときに現れる不合理性のことであり、そのような不条理な運命を目をそむけず見つめ続ける態度が「反抗」と呼ばれる。そして人間性を脅かすものに対する反抗の態度が人々の間で連帯を生むとされる。しかしプロレタリア革命を含め、あらゆる政治的暴力を忌避しようとするカミュの姿勢は盟友サルトルとの間で論争(カミュ=サルトル論争)を引き起こし、戦後文壇においてその立場を孤立させていく原因ともなった。タレントのセイン・カミュは従孫(兄の孫)にあたる。
dbpedia-owl:activeYearsEndYear
  • 1960-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:activeYearsStartYear
  • 1935-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:award
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathDate
  • 1960-01-04 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:nationality
dbpedia-owl:notableWork
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:relation
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 64232 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13111 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 167 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59228865 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:awards
prop-ja:birthPlace
  • フランス領アルジェリア・モンドヴィ
prop-ja:caption
  • 1957 (xsd:integer)
prop-ja:deathDate
  • 1960-01-04 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • ・ブルゴーニュヨンヌ県ヴィルブルヴァン
prop-ja:debutWorks
  • 『裏と表』(1935年、エッセイ)
prop-ja:imagesize
  • 180 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • アルベール・カミュ
  • Albert Camus
prop-ja:notableWorks
  • 『』(1952年)
  • 『カリギュラ』(1944年)
  • 『シーシュポスの神話』(1942年)
  • 『ペスト』(1947年)
  • 『異邦人』(1942年)
prop-ja:occupation
prop-ja:period
  • 1935 (xsd:integer)
prop-ja:relations
prop-ja:spouse
  • シモーヌ・イエ
  • フランシーヌ・フォール
prop-ja:subject
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • アルベール・カミュ(Albert Camus、フランス語: [albɛʁ kamy] (13px 聞く)、1913年11月7日 - 1960年1月4日)は、フランスの小説家、劇作家、哲学者。フランス領アルジェリア出身。アルジェ大学卒業後ジャーナリストとして活動、第二次世界大戦中に刊行された小説『異邦人』、エッセイ『シーシュポスの神話』などで注目される。また『カリギュラ』『誤解』などを上演し、劇作家としても活動した。戦後に発表した小説『ペスト』はベストセラーとなったが、エッセイ『反抗的人間』はその思想をめぐって毀誉褒貶を受けた。1957年、史上2番目の若さでノーベル文学賞を受賞している。1960年、交通事故により急死した。カミュの著作は「不条理」という概念によって特徴付けられている。カミュの言う不条理とは、明晰な理性を保ったまま世界に対峙するときに現れる不合理性のことであり、そのような不条理な運命を目をそむけず見つめ続ける態度が「反抗」と呼ばれる。そして人間性を脅かすものに対する反抗の態度が人々の間で連帯を生むとされる。しかしプロレタリア革命を含め、あらゆる政治的暴力を忌避しようとするカミュの姿勢は盟友サルトルとの間で論争(カミュ=サルトル論争)を引き起こし、戦後文壇においてその立場を孤立させていく原因ともなった。タレントのセイン・カミュは従孫(兄の孫)にあたる。
rdfs:label
  • アルベール・カミュ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • アルベール・カミュ
  • Albert Camus
is dbpedia-owl:author of
is dbpedia-owl:basedOn of
is dbpedia-owl:child of
is dbpedia-owl:influenced of
is dbpedia-owl:influencedBy of
is dbpedia-owl:parent of
is dbpedia-owl:relative of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:author of
is prop-ja:caption of
is prop-ja:influenced of
is prop-ja:influences of
is prop-ja:作者 of
is prop-ja:原作 of
is prop-ja:親族 of
is foaf:primaryTopic of