Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アルブレヒト1世(Albrecht I., 1336年7月25日 - 1404年12月13日)は、14世紀の下バイエルン公。エノー伯、ホラント伯、ゼーラント伯でもあった。父は神聖ローマ皇帝ルートヴィヒ4世、母はエノー伯、ホラント伯、ゼーラント伯相続人マルガレーテ。ルートヴィヒ5世、シュテファン2世は異母兄、ルートヴィヒ6世、ヴィルヘルム1世は同母兄、オットー5世は同母弟である。1347年に父が没し、1349年に遺領が分割された時、上バイエルンはルートヴィヒ5世、ルートヴィヒ6世、オットー5世が、下バイエルンはシュテファン2世、ヴィルヘルム1世、アルブレヒト1世がそれぞれ相続した。1353年には下バイエルンは更に分割、シュテファン2世はランツフートを、ヴィルヘルム1世とアルブレヒト1世はシュトラウビングを相続した。1356年に兄ヴィルヘルム1世が母の死によりエノー、ホラント、ゼーラントを相続したが、間もなく兄が発狂した為、1358年に摂政として政務を代行、事実上ネーデルラントの単独統治者となった。ヴィルヘルム1世は1389年に死ぬまで幽閉され、名目上の共同統治者に置かれた。この間、アルブレヒト1世は子供達を各王族と縁組させているが、三女マルガレーテが生んだ孫フィリップ善良公が最終的にエノー、ホラント、ゼーラントを獲得した。しかし、愛人が政治に介入し、それに乗じてタラ派(Kabeljauws)と呼ばれる党派が実権を握った為、反対派のフック派(Hoeks)が長男のヴィルヘルムと結んでアルブレヒト1世と対立、内乱が発生してしまった。1397年には下バイエルン=シュトラウビングの共同統治者であった次男のアルブレヒト2世に先立たれている。1404年に死去してヴィルヘルムが後を継いだ為、内乱は一旦収まったが、1417年に彼が一人娘ジャクリーヌだけを残して死去すると、リエージュ司教だった三男ヨハンとジャクリーヌが相続を巡って争い、タラ派とフック派の内乱も再燃、フィリップ善良公も介入、内乱を通してヴァロワ=ブルゴーニュ家がネーデルラントに勢威を拡大していった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1941667 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3288 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 93 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49725213 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アルブレヒト1世(Albrecht I., 1336年7月25日 - 1404年12月13日)は、14世紀の下バイエルン公。エノー伯、ホラント伯、ゼーラント伯でもあった。父は神聖ローマ皇帝ルートヴィヒ4世、母はエノー伯、ホラント伯、ゼーラント伯相続人マルガレーテ。ルートヴィヒ5世、シュテファン2世は異母兄、ルートヴィヒ6世、ヴィルヘルム1世は同母兄、オットー5世は同母弟である。1347年に父が没し、1349年に遺領が分割された時、上バイエルンはルートヴィヒ5世、ルートヴィヒ6世、オットー5世が、下バイエルンはシュテファン2世、ヴィルヘルム1世、アルブレヒト1世がそれぞれ相続した。1353年には下バイエルンは更に分割、シュテファン2世はランツフートを、ヴィルヘルム1世とアルブレヒト1世はシュトラウビングを相続した。1356年に兄ヴィルヘルム1世が母の死によりエノー、ホラント、ゼーラントを相続したが、間もなく兄が発狂した為、1358年に摂政として政務を代行、事実上ネーデルラントの単独統治者となった。ヴィルヘルム1世は1389年に死ぬまで幽閉され、名目上の共同統治者に置かれた。この間、アルブレヒト1世は子供達を各王族と縁組させているが、三女マルガレーテが生んだ孫フィリップ善良公が最終的にエノー、ホラント、ゼーラントを獲得した。しかし、愛人が政治に介入し、それに乗じてタラ派(Kabeljauws)と呼ばれる党派が実権を握った為、反対派のフック派(Hoeks)が長男のヴィルヘルムと結んでアルブレヒト1世と対立、内乱が発生してしまった。1397年には下バイエルン=シュトラウビングの共同統治者であった次男のアルブレヒト2世に先立たれている。1404年に死去してヴィルヘルムが後を継いだ為、内乱は一旦収まったが、1417年に彼が一人娘ジャクリーヌだけを残して死去すると、リエージュ司教だった三男ヨハンとジャクリーヌが相続を巡って争い、タラ派とフック派の内乱も再燃、フィリップ善良公も介入、内乱を通してヴァロワ=ブルゴーニュ家がネーデルラントに勢威を拡大していった。
rdfs:label
  • アルブレヒト1世 (バイエルン公)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of