Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アルブレヒト・フリードリヒ・フォン・ブランデンブルク=シュヴェート(Albrecht Friedrich Prinz von Preußen, Markgraf zu Brandenburg-Schwedt, 1672年1月24日 - 1731年6月21日)は、ブランデンブルク=プロイセンの王族(王子)、将軍。ブランデンブルク=シュヴェート辺境伯。聖ヨハネ騎士団ブランデンブルク大管区長。ブランデンブルク選帝侯フリードリヒ・ヴィルヘルム(大選帝侯)とその後妻ドロテアの間の2番目の息子として生まれた。アルブレヒト・フリードリヒとその同母の兄弟姉妹は、同母兄でマクデブルク総督のフィリップ・ヴィルヘルムを始祖とするブランデンブルク=シュヴェート辺境伯家に属し、異母兄の初代プロイセン王フリードリヒ1世とは家系を異にすると見なされる。1689年にファルツ継承戦争が起きると、アルブレヒト・フリードリヒは見習い士官としてプロイセン軍に従軍し、フランスに赴いている。1692年には騎兵連隊の連隊長となり、翌1693年には少将に任じられた。1694年にはイタリアでの戦役に参加し、1695年に中将となる。1696年にはブランデンブルク・ヨハネ騎士団の団長に就任し、1701年には黒鷲勲章を授けられた。スペイン継承戦争中の1702年2月14日には歩兵連隊の司令官に就任し、ネーデルラントでのフランスとの戦いを勝利に導いた。しかし同年11月には病気のため司令官職を退いている。1706年にはヒンターポンメルンの総督に任命された。
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2152647 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2046 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 47 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47213178 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:before
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1696 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • アルブレヒト・フリードリヒ・フォン・ブランデンブルク=シュヴェート(Albrecht Friedrich Prinz von Preußen, Markgraf zu Brandenburg-Schwedt, 1672年1月24日 - 1731年6月21日)は、ブランデンブルク=プロイセンの王族(王子)、将軍。ブランデンブルク=シュヴェート辺境伯。聖ヨハネ騎士団ブランデンブルク大管区長。ブランデンブルク選帝侯フリードリヒ・ヴィルヘルム(大選帝侯)とその後妻ドロテアの間の2番目の息子として生まれた。アルブレヒト・フリードリヒとその同母の兄弟姉妹は、同母兄でマクデブルク総督のフィリップ・ヴィルヘルムを始祖とするブランデンブルク=シュヴェート辺境伯家に属し、異母兄の初代プロイセン王フリードリヒ1世とは家系を異にすると見なされる。1689年にファルツ継承戦争が起きると、アルブレヒト・フリードリヒは見習い士官としてプロイセン軍に従軍し、フランスに赴いている。1692年には騎兵連隊の連隊長となり、翌1693年には少将に任じられた。1694年にはイタリアでの戦役に参加し、1695年に中将となる。1696年にはブランデンブルク・ヨハネ騎士団の団長に就任し、1701年には黒鷲勲章を授けられた。スペイン継承戦争中の1702年2月14日には歩兵連隊の司令官に就任し、ネーデルラントでのフランスとの戦いを勝利に導いた。しかし同年11月には病気のため司令官職を退いている。1706年にはヒンターポンメルンの総督に任命された。
rdfs:label
  • アルブレヒト・フリードリヒ・フォン・ブランデンブルク=シュヴェート
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:before of
is foaf:primaryTopic of