Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アルブレヒト・フォン・プロイセン(Albrecht von Preußen, 1809年10月4日 - 1872年10月14日)は、プロイセン王国の王族・軍人。上級大将。全名はフリードリヒ・ハインリヒ・アルブレヒト(Friedrich Heinrich Albrecht)。フリードリヒ・ヴィルヘルム3世の五男で、フリードリヒ・ヴィルヘルム4世やヴィルヘルム1世の弟。1809年10月4日、フリードリヒ・ヴィルヘルム3世とその妃であったメクレンブルク=シュトレーリッツ公カール2世(後の大公)の娘ルイーゼ(1776年 - 1810年)の間に第九子(末子)としてケーニヒスベルク(現カリーニングラード)で生まれた。アルブレヒトは1872年10月14日にベルリンで死去した。ベルリンの目抜き通りの一つニーダーキルヒナー通り(Niederkirchnerstraße)の旧名プリンツ・アルブレヒト通り(Prinz-Albrecht-Straße)は彼の名にちなんだものであった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 609279 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2022 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 46 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47049605 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アルブレヒト・フォン・プロイセン(Albrecht von Preußen, 1809年10月4日 - 1872年10月14日)は、プロイセン王国の王族・軍人。上級大将。全名はフリードリヒ・ハインリヒ・アルブレヒト(Friedrich Heinrich Albrecht)。フリードリヒ・ヴィルヘルム3世の五男で、フリードリヒ・ヴィルヘルム4世やヴィルヘルム1世の弟。1809年10月4日、フリードリヒ・ヴィルヘルム3世とその妃であったメクレンブルク=シュトレーリッツ公カール2世(後の大公)の娘ルイーゼ(1776年 - 1810年)の間に第九子(末子)としてケーニヒスベルク(現カリーニングラード)で生まれた。アルブレヒトは1872年10月14日にベルリンで死去した。ベルリンの目抜き通りの一つニーダーキルヒナー通り(Niederkirchnerstraße)の旧名プリンツ・アルブレヒト通り(Prinz-Albrecht-Straße)は彼の名にちなんだものであった。
rdfs:label
  • アルブレヒト・フォン・プロイセン (1809-1872)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:子女 of
is prop-ja:所在地 of
is foaf:primaryTopic of