Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アルフレッド・ヴィンセント・キダー(Alfred Vincent Kidder,1885年10月29日 - 1963年6月1日)は、20世紀前半のメソアメリカとアメリカ南西部地方の考古学において最も注目すべき業績をあげた考古学者の一人である。キダーは、人類学の考え方を先史時代の過去まであてはめて考古学の学問的分野を確立させ北米考古学において最初の組織的な方法論を打ち立てた。キダーはミシガン州マーケット(Marquette)で鉱山技師の息子として生まれた。はじめは医師養成学校の資格要件を満たすためにハーバード大学の医学部進学コースに入学した。しかしそこの授業はキダーにとって退屈なものであり、同時進行で受けていた人類学入門コースで考古学に強い関心をいだくことになった。1907年のユタ大学の考古学夏季調査補助研修(サマージョブ)へ行ってキダーはコロラド南西部のメサ峡谷で2回の有意義な夏を過ごした。キダーと後にメサ・ヴェルデ国立公園園長となる前途有望な考古学者であったJesse L. Nusbaum(ジェッセ・L・ヌスバウム)は、メサ・ヴェルデへ民族学者J.ウォルター・フュークスとともに訪れた。キダーは一般調査と遺跡の撮影を指揮した。1908年にハーバードで学士号を取得し、1914年には博士号を取得した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 812994 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3615 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 48 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55644282 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アルフレッド・ヴィンセント・キダー(Alfred Vincent Kidder,1885年10月29日 - 1963年6月1日)は、20世紀前半のメソアメリカとアメリカ南西部地方の考古学において最も注目すべき業績をあげた考古学者の一人である。キダーは、人類学の考え方を先史時代の過去まであてはめて考古学の学問的分野を確立させ北米考古学において最初の組織的な方法論を打ち立てた。キダーはミシガン州マーケット(Marquette)で鉱山技師の息子として生まれた。はじめは医師養成学校の資格要件を満たすためにハーバード大学の医学部進学コースに入学した。しかしそこの授業はキダーにとって退屈なものであり、同時進行で受けていた人類学入門コースで考古学に強い関心をいだくことになった。1907年のユタ大学の考古学夏季調査補助研修(サマージョブ)へ行ってキダーはコロラド南西部のメサ峡谷で2回の有意義な夏を過ごした。キダーと後にメサ・ヴェルデ国立公園園長となる前途有望な考古学者であったJesse L.
rdfs:label
  • アルフレッド・V・キダー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of