Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アルフォンソ12世(Alfonso XII , 1857年11月28日 - 1885年11月25日)はスペイン王(在位:1875年 - 1885年)。女王イサベル2世と王配フランシスコ・デ・アシス・デ・ボルボンの子。王配フランシスコが同性愛者であることが知れ渡っていたため、アルフォンソの本当の父親は、近衛兵隊長エンリケ・プイグ・イ・モルトか、フランシスコ・セラーノ将軍のどちらかだという説がある。1868年の革命により、イサベル女王と家族はスペインを追われ、パリへ移った。アルフォンソはウィーンで教育を受けた。1870年6月、パリへ呼ばれたアルフォンソは、引退表明した母から後継指名を受けた。その後、アルフォンソはサンドハースト王立陸軍士官学校で軍人の訓練を受けた。1874年、支持者らの支援を得て、スペイン王位奪取を宣言。その年の終わりに、陸軍元帥セラノはマドリードを離れて、北部連隊を指揮してカルリスタと戦闘を開始した。陸軍准将マルティネス・カンポスは次々と南部を攻略し、王の名においてバレンシアに入城した。アルフォンソは、バルセロナ、バレンシアを経てマドリードにわずか数日で到達、自由憲法の受諾を宣言した。アルフォンソ王はカルリスタたちに強力な宣伝活動を行い、大叔父モリナ伯ドン・カルロスとその後継者たちへの支持は失速していった。アルフォンソは君主として統治を学ぶ機会が少なく、実際の在位期間も短かったが、亡命の経験が天性の資質と正当な判断力を磨いた。慈悲深く、思いやりのあるアルフォンソの心根は、大多数の国民の支持を勝ち取った。1885年、アルフォンソは恐れる様子もなく、コレラに見舞われた地域、地震で崩壊した都市を訪問した。また、アルフォンソは特定の政党の手先にならないよう自身を律した。アルフォンソ12世の統治した期間は、久しぶりにスペインが内政・外交ともに平和であった時期と重なる。経済活動も平常化した。革命の恐れなしに、スペインはアメリカ合衆国との悲惨な戦争を切り抜けることができた。1885年、肺結核で死去した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 760511 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3417 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 74 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53982800 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:人名
  • アルフォンソ12世
prop-ja:出生日
  • --11-28
prop-ja:各国語表記
  • Alfonso XII
prop-ja:君主号
  • スペイン王
prop-ja:在位
  • --12-29
prop-ja:埋葬地
  • 、サン・ロレンソ・デ・エル・エスコリアル、エル・エスコリアル修道院
prop-ja:埋葬日
  •  
prop-ja:死亡日
  • 1885-11-25 (xsd:date)
prop-ja:没地
  • 、マドリード、エル・パルド王宮
prop-ja:生地
  • 、マドリード
prop-ja:画像
  • Alfonso XII R.jpg
prop-ja:画像サイズ
  • 250 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アルフォンソ12世(Alfonso XII , 1857年11月28日 - 1885年11月25日)はスペイン王(在位:1875年 - 1885年)。女王イサベル2世と王配フランシスコ・デ・アシス・デ・ボルボンの子。王配フランシスコが同性愛者であることが知れ渡っていたため、アルフォンソの本当の父親は、近衛兵隊長エンリケ・プイグ・イ・モルトか、フランシスコ・セラーノ将軍のどちらかだという説がある。1868年の革命により、イサベル女王と家族はスペインを追われ、パリへ移った。アルフォンソはウィーンで教育を受けた。1870年6月、パリへ呼ばれたアルフォンソは、引退表明した母から後継指名を受けた。その後、アルフォンソはサンドハースト王立陸軍士官学校で軍人の訓練を受けた。1874年、支持者らの支援を得て、スペイン王位奪取を宣言。その年の終わりに、陸軍元帥セラノはマドリードを離れて、北部連隊を指揮してカルリスタと戦闘を開始した。陸軍准将マルティネス・カンポスは次々と南部を攻略し、王の名においてバレンシアに入城した。アルフォンソは、バルセロナ、バレンシアを経てマドリードにわずか数日で到達、自由憲法の受諾を宣言した。アルフォンソ王はカルリスタたちに強力な宣伝活動を行い、大叔父モリナ伯ドン・カルロスとその後継者たちへの支持は失速していった。アルフォンソは君主として統治を学ぶ機会が少なく、実際の在位期間も短かったが、亡命の経験が天性の資質と正当な判断力を磨いた。慈悲深く、思いやりのあるアルフォンソの心根は、大多数の国民の支持を勝ち取った。1885年、アルフォンソは恐れる様子もなく、コレラに見舞われた地域、地震で崩壊した都市を訪問した。また、アルフォンソは特定の政党の手先にならないよう自身を律した。アルフォンソ12世の統治した期間は、久しぶりにスペインが内政・外交ともに平和であった時期と重なる。経済活動も平常化した。革命の恐れなしに、スペインはアメリカ合衆国との悲惨な戦争を切り抜けることができた。1885年、肺結核で死去した。
rdfs:label
  • アルフォンソ12世 (スペイン王)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:spouse of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:leader of
is prop-ja:子女 of
is prop-ja:父親 of
is prop-ja:配偶者 of
is foaf:primaryTopic of