Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アルフォンソ10世(Alfonso X, 1221年11月23日 - 1284年4月4日)は、カスティーリャ王国の国王(在位:1252年 - 1284年)。一時はドイツ王(在位:1257年 - 1275年)でもあった。フェルナンド3世と最初の王妃ベアトリス・デ・スアビアの長男である。母のベアトリスは神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世の従姉妹であり、ボヘミア王オタカル2世は母方の従兄にあたる。学芸の振興に努めたため「賢王」「賢者」「学者」を意味するel Sabioの別名で知られている。アルフォンソ自身は権力の基盤は英知にあると考えており、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教を統べる「三宗教の王」と称されることを好んだ。また、現在のスペイン語の母語となったカスティーリャ語の確立者の一人とみなされており、「カスティーリャ語散文の創始者」と呼ばれている。彼の治世にカスティーリャの文化・宗教双方の中心地はコルドバから首都のトレドに移り、アラビア文化を学ぼうとするヨーロッパ各地の研究者がトレドに集まった。学術面の功績とは逆に、政治の実績には否定的な評価が下されることが多い。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 176282 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13211 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 164 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57807242 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:人名
  • アルフォンソ10世
prop-ja:出生日
  • --11-23
prop-ja:各国語表記
  • Alfonso X el Sabio
prop-ja:在位
  • 1252 (xsd:integer)
prop-ja:埋葬地
prop-ja:子女
  • [[#子孫
prop-ja:死亡日
  • --04-04
prop-ja:母親
prop-ja:没地
prop-ja:父親
prop-ja:王家
  • ボルゴーニャ家
prop-ja:王朝
prop-ja:生地
prop-ja:画像
  • Alfons X.jpg
prop-ja:画像サイズ
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • 1594 (xsd:integer)
prop-ja:配偶者
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アルフォンソ10世(Alfonso X, 1221年11月23日 - 1284年4月4日)は、カスティーリャ王国の国王(在位:1252年 - 1284年)。一時はドイツ王(在位:1257年 - 1275年)でもあった。フェルナンド3世と最初の王妃ベアトリス・デ・スアビアの長男である。母のベアトリスは神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世の従姉妹であり、ボヘミア王オタカル2世は母方の従兄にあたる。学芸の振興に努めたため「賢王」「賢者」「学者」を意味するel Sabioの別名で知られている。アルフォンソ自身は権力の基盤は英知にあると考えており、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教を統べる「三宗教の王」と称されることを好んだ。また、現在のスペイン語の母語となったカスティーリャ語の確立者の一人とみなされており、「カスティーリャ語散文の創始者」と呼ばれている。彼の治世にカスティーリャの文化・宗教双方の中心地はコルドバから首都のトレドに移り、アラビア文化を学ぼうとするヨーロッパ各地の研究者がトレドに集まった。学術面の功績とは逆に、政治の実績には否定的な評価が下されることが多い。
rdfs:label
  • アルフォンソ10世 (カスティーリャ王)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of