Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アルファ反応 (alpha process または alpha reactions) とは恒星の中で起きる核融合反応である。恒星の中でヘリウムを原料により重い元素が作られる核融合反応には2種類あるが、そのうちの1つがアルファ反応であり、他方がトリプルアルファ反応である。トリプルアルファ反応はヘリウムのみで進行するが、アルファ反応が開始されるには炭素が存在する必要がある。反応の一例を以下に示す。全ての反応は反応速度が低く、恒星のエネルギー生産にはあまり寄与しない。特にネオンより重い元素 (原子番号 > 10) ではクーロン障壁の増大によりさらに起こりにくくなる。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1679877 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1936 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 32 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56805232 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アルファ反応 (alpha process または alpha reactions) とは恒星の中で起きる核融合反応である。恒星の中でヘリウムを原料により重い元素が作られる核融合反応には2種類あるが、そのうちの1つがアルファ反応であり、他方がトリプルアルファ反応である。トリプルアルファ反応はヘリウムのみで進行するが、アルファ反応が開始されるには炭素が存在する必要がある。反応の一例を以下に示す。全ての反応は反応速度が低く、恒星のエネルギー生産にはあまり寄与しない。特にネオンより重い元素 (原子番号 > 10) ではクーロン障壁の増大によりさらに起こりにくくなる。
rdfs:label
  • アルファ反応
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of