Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アルファロメオ・184Tは、アルファ・ロメオが開発したフォーミュラ1カー。1984年と1985年に使用された。184Tはマリオ・トレンティーノが設計した最初の車両であった。ベネトンがスポンサーとなり、車体は緑色にカラーリングされた。184TはV81.5リッターターボエンジンを搭載し、10700回転で680 hp (507 kW)を発揮した。1984年に11ポイントを獲得した。ベストリザルトは1984年イタリアグランプリでのリカルド・パトレーゼの3位入賞であった。チームメイトのエディ・チーバーは3位を走行していたものの、燃料切れで9位となった。184Tのリタイア理由の大半はエンジントラブルもしくは燃料切れであった。(1984年および85年のF1レギュレーションはターボ車の燃料を1レース当たり220リッターに制限していた。)チームは1985年に184Tに変えて185Tを投入したが、185Tには競争力が無いことが判明し、再び184Tが使用された。1985年のレギュレーションに適合するように変更されたマシンは184TBと呼ばれた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2558174 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5923 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 82 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57572453 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:turbo/na
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:エンジン
  • アルファロメオ 890T,
prop-ja:エンジン形式
  • 90 (xsd:integer)
prop-ja:カテゴリー
prop-ja:ギアボックス
prop-ja:ギア形式
prop-ja:コンストラクター
prop-ja:コンストラクターズタイトル
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:サスペンション(前)_
  • コイル, ウィッシュボーン, プッシュロッド
prop-ja:サスペンション(後)_
  • コイル, ウィッシュボーン, プッシュロッド
prop-ja:シャシー
prop-ja:タイヤ
prop-ja:チーム
prop-ja:デザイナー
prop-ja:トレッド
  • 前:
  • 後:
prop-ja:ドライバー
  • 22 (xsd:integer)
  • 23 (xsd:integer)
prop-ja:ドライバーズタイトル
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:ファステストラップ
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:ポールポジション
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:マシン名
  • アルファロメオ・184T
  • アルファロメオ・184TB
prop-ja:優勝回数
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:先代
  • 183.0
prop-ja:出走回数
  • 25 (xsd:integer)
prop-ja:初戦
  • 1984 (xsd:integer)
prop-ja:変速
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:後継
  • 185.0
prop-ja:排気量
  • ,
prop-ja:燃料
prop-ja:画像
  • Cheever Alfa Romeo 184T 1984 Dallas F1.jpg
prop-ja:画像説明
  • エディ・チーバーのドライブする184T、1984年ダラスグランプリ
prop-ja:配置
  • ミッドエンジン, 縦置き
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アルファロメオ・184Tは、アルファ・ロメオが開発したフォーミュラ1カー。1984年と1985年に使用された。184Tはマリオ・トレンティーノが設計した最初の車両であった。ベネトンがスポンサーとなり、車体は緑色にカラーリングされた。184TはV81.5リッターターボエンジンを搭載し、10700回転で680 hp (507 kW)を発揮した。1984年に11ポイントを獲得した。ベストリザルトは1984年イタリアグランプリでのリカルド・パトレーゼの3位入賞であった。チームメイトのエディ・チーバーは3位を走行していたものの、燃料切れで9位となった。184Tのリタイア理由の大半はエンジントラブルもしくは燃料切れであった。(1984年および85年のF1レギュレーションはターボ車の燃料を1レース当たり220リッターに制限していた。)チームは1985年に184Tに変えて185Tを投入したが、185Tには競争力が無いことが判明し、再び184Tが使用された。1985年のレギュレーションに適合するように変更されたマシンは184TBと呼ばれた。
rdfs:label
  • アルファロメオ・184T
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of