Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アルファロメオ・183Tは、アルファ・ロメオが開発したフォーミュラ1カー。マールボロ チーム・アルファロメオが1983年に使用した。デザイナーはジェラール・ドゥカルージュとマリオ・トレンティーノ。新たに設計されたフラットボトム車両で、1983年ブラジルグランプリでデビューした。ドライバーはアンドレア・デ・チェザリスとマウロ・バルディ。183Tはアルファ・ロメオ・890TV81.5リッターターボエンジンを搭載し、ミシュランタイヤを装着した。基本的に182の改良型であり、自然吸気エンジンに代えてV8ターボエンジンを搭載した物であった。183Tはシーズンで18ポイントを獲得した。チェザリスは2位に2回入り、ベルギーではファステストラップを記録した。レースでは予選3番手からスタートでトップに立つとそのまま快走したが、40周レースの27周目にインジェクションのトラブルでトップ走行中にリタイアした。前作までのアルファ・ロメオ製F1とは異なり、183Tはオートデルタによる設計では無かった。ユーロレーシングのチーフデザイナー、ジェラール・ドゥカルージュによる設計であった。ユーロレーシングはアルファ・ロメオ製エンジンを搭載したフォーミュラ3で成功を収めていた。翌1984年にチームは183Tに代えてアルファロメオ・184Tを投入した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2558233 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5079 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 68 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57572445 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:turbo/na
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:エンジン
  • アルファロメオ 890T,
prop-ja:エンジン形式
  • 90 (xsd:integer)
prop-ja:カテゴリー
prop-ja:ギアボックス
prop-ja:ギア形式
prop-ja:コンストラクター
prop-ja:コンストラクターズタイトル
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:サスペンション(前)_
  • コイル, ウィッシュボーン, ロッカー
prop-ja:サスペンション(後)_
  • コイル, ウィッシュボーン, ロッカー
prop-ja:シャシー
prop-ja:タイヤ
prop-ja:チーム
prop-ja:デザイナー
prop-ja:ドライバー
  • 22 (xsd:integer)
  • 23 (xsd:integer)
prop-ja:ドライバーズタイトル
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:ファステストラップ
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:ポールポジション
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:マシン名
  • アルファロメオ・183T
prop-ja:優勝回数
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:先代
  • 182.0
prop-ja:出走回数
  • 15 (xsd:integer)
prop-ja:初戦
  • 1983 (xsd:integer)
prop-ja:変速
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:後継
  • 184.0
prop-ja:排気量
  • ,
prop-ja:燃料
prop-ja:画像
  • Alfa Romeo 183T 2.jpg
prop-ja:配置
  • ミッドエンジン, 縦置き
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アルファロメオ・183Tは、アルファ・ロメオが開発したフォーミュラ1カー。マールボロ チーム・アルファロメオが1983年に使用した。デザイナーはジェラール・ドゥカルージュとマリオ・トレンティーノ。新たに設計されたフラットボトム車両で、1983年ブラジルグランプリでデビューした。ドライバーはアンドレア・デ・チェザリスとマウロ・バルディ。183Tはアルファ・ロメオ・890TV81.5リッターターボエンジンを搭載し、ミシュランタイヤを装着した。基本的に182の改良型であり、自然吸気エンジンに代えてV8ターボエンジンを搭載した物であった。183Tはシーズンで18ポイントを獲得した。チェザリスは2位に2回入り、ベルギーではファステストラップを記録した。レースでは予選3番手からスタートでトップに立つとそのまま快走したが、40周レースの27周目にインジェクションのトラブルでトップ走行中にリタイアした。前作までのアルファ・ロメオ製F1とは異なり、183Tはオートデルタによる設計では無かった。ユーロレーシングのチーフデザイナー、ジェラール・ドゥカルージュによる設計であった。ユーロレーシングはアルファ・ロメオ製エンジンを搭載したフォーミュラ3で成功を収めていた。翌1984年にチームは183Tに代えてアルファロメオ・184Tを投入した。
rdfs:label
  • アルファロメオ・183T
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of