Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アルトワ家(フランス語:maison d'Artois)は、中世フランスの貴族の家系。カペー家のフランス王ルイ8世の子ロベール1世が1237年にアルトワ伯領を与えられ成立した。1302年にロベール2世が死去したのち、ロベール2世の娘マオーと孫ロベール3世とが継承権を争った。パリ議会はマオーの伯領継承を支持し、ロベール3世はボーモン=ル=ロジェを相続したが、のちロベールは文書を偽造した罪で領地を没収され、イングランドへと逃亡した。ロベールにとって義兄にあたるフランス王フィリップ6世はイングランド王エドワード3世にロベールの引き渡しを要求したが、エドワード3世はこれを拒否し、このことがフランスとイングランドとの関係をさらに悪化させ、百年戦争の一因ともなった。ロベール3世の息子ジャンは20年後の1350年にウー伯を与えられたが、同家は1472年に男子後継者なく断絶した。マオーが継承したアルトワ伯位は、アンスカリ=シャロン家、カペー家を経て、フランドル家からヴァロワ=ブルゴーニュ家へと渡り、ブルゴーニュ公国の一部となった。また、アルトワ家が男系で相続したウー伯位はヴァロワ=ブルゴーニュ家を通してクレーフェ公家が継承した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1695893 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4717 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 61 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57883670 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アルトワ家(フランス語:maison d'Artois)は、中世フランスの貴族の家系。カペー家のフランス王ルイ8世の子ロベール1世が1237年にアルトワ伯領を与えられ成立した。1302年にロベール2世が死去したのち、ロベール2世の娘マオーと孫ロベール3世とが継承権を争った。パリ議会はマオーの伯領継承を支持し、ロベール3世はボーモン=ル=ロジェを相続したが、のちロベールは文書を偽造した罪で領地を没収され、イングランドへと逃亡した。ロベールにとって義兄にあたるフランス王フィリップ6世はイングランド王エドワード3世にロベールの引き渡しを要求したが、エドワード3世はこれを拒否し、このことがフランスとイングランドとの関係をさらに悪化させ、百年戦争の一因ともなった。ロベール3世の息子ジャンは20年後の1350年にウー伯を与えられたが、同家は1472年に男子後継者なく断絶した。マオーが継承したアルトワ伯位は、アンスカリ=シャロン家、カペー家を経て、フランドル家からヴァロワ=ブルゴーニュ家へと渡り、ブルゴーニュ公国の一部となった。また、アルトワ家が男系で相続したウー伯位はヴァロワ=ブルゴーニュ家を通してクレーフェ公家が継承した。
rdfs:label
  • アルトワ家
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of