Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アルトゥル・ショーペンハウアー(Arthur Schopenhauer、ショーペンハウエル、ショウペンハウエルとも)1788年2月22日 - 1860年9月21日)は、ドイツの哲学者。主著は『意志と表象としての世界』(Die Welt als Wille und Vorstellung 1819年)。仏教精神そのものといえる思想と、インド哲学の精髄を明晰に語り尽くした思想家であり、その哲学は多くの哲学者、芸術家、作家に重要な影響を与え、生の哲学、実存主義の先駆と見ることもできる。フリードリヒ・ニーチェへの影響は有名であるが、その他にもリヒャルト・ワーグナー、ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン、エルヴィン・シュレーディンガー、アルベルト・アインシュタイン、ジークムント・フロイト、オットー・ランク、カール・グスタフ・ユング、ジョーゼフ・キャンベル、レフ・トルストイ、トーマス・マン、ホルヘ・ルイス・ボルヘスなど様々な学者、思想家、文筆家に影響を与え、その哲学は現代思想においても受け継がれている。
dbpedia-owl:birthDate
  • 1788-02-22 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:birthYear
  • 1788-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathDate
  • 1860-09-21 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:deathYear
  • 1860-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:era
dbpedia-owl:influenced
dbpedia-owl:influencedBy
dbpedia-owl:mainInterest
dbpedia-owl:notableIdea
dbpedia-owl:philosophicalSchool
dbpedia-owl:region
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 67803 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7797 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 215 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58942641 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:birthDate
  • 1788-02-22 (xsd:date)
prop-ja:birthPlace
  • ・グダニスク
prop-ja:deathDate
  • 1860-09-21 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • ・フランクフルト・アム・マイン
prop-ja:era
  • 19 (xsd:integer)
prop-ja:imageAlt
  • アルトゥル・ショーペンハウアー
prop-ja:imageCaption
  • ショーペンハウアーの肖像
prop-ja:imageName
  • Schopenhauer.jpg
prop-ja:imageSize
  • 240 (xsd:integer)
prop-ja:influenced
prop-ja:influences
prop-ja:mainInterests
prop-ja:name
  • アルトゥル・ショーペンハウアー
prop-ja:notableIdeas
prop-ja:region
prop-ja:schoolTradition
prop-ja:signature
  • Arthur Schopenhauer Signature.svg
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • アルトゥル・ショーペンハウアー(Arthur Schopenhauer、ショーペンハウエル、ショウペンハウエルとも)1788年2月22日 - 1860年9月21日)は、ドイツの哲学者。主著は『意志と表象としての世界』(Die Welt als Wille und Vorstellung 1819年)。仏教精神そのものといえる思想と、インド哲学の精髄を明晰に語り尽くした思想家であり、その哲学は多くの哲学者、芸術家、作家に重要な影響を与え、生の哲学、実存主義の先駆と見ることもできる。フリードリヒ・ニーチェへの影響は有名であるが、その他にもリヒャルト・ワーグナー、ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン、エルヴィン・シュレーディンガー、アルベルト・アインシュタイン、ジークムント・フロイト、オットー・ランク、カール・グスタフ・ユング、ジョーゼフ・キャンベル、レフ・トルストイ、トーマス・マン、ホルヘ・ルイス・ボルヘスなど様々な学者、思想家、文筆家に影響を与え、その哲学は現代思想においても受け継がれている。
rdfs:label
  • アルトゥル・ショーペンハウアー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • アルトゥル・ショーペンハウアー
is dbpedia-owl:influenced of
is dbpedia-owl:influencedBy of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:influenced of
is prop-ja:influences of
is prop-ja:影響を与えた人物 of
is prop-ja:影響を受けた人物 of
is foaf:primaryTopic of