Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アルテミス(古希: ΑΡΤΕΜΙΣ, Ἄρτεμις, Artemis)は、ギリシア神話に登場する狩猟・貞潔の女神である。のちに月の女神ともなった。セレーネーやヘカテーなどの神とは同一視されることがある。アテーナー、ヘスティアーと並んでギリシア神話の三大処女神として著名である。アルテミスはゼウスとデーメーテールあるいはペルセポネーの娘とも、あるいはディオニューソスとイーシスとの間に生まれた娘とも言われているが。ギリシャ人に普及した伝承によればゼウスとレートーの娘でアポローンの双生児とされている。。オリュムポス十二神の一柱とされるが、本来のヘレーネス(古代ギリシア人)固有の神ではない。その名は古典ギリシア語を語源としていないと考えるのが妥当である。アルテミスは、ギリシアの先住民族の信仰を古代ギリシア人が取り入れたものと、現在の研究では考えられている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 93366 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5812 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 110 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58105035 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アルテミス(古希: ΑΡΤΕΜΙΣ, Ἄρτεμις, Artemis)は、ギリシア神話に登場する狩猟・貞潔の女神である。のちに月の女神ともなった。セレーネーやヘカテーなどの神とは同一視されることがある。アテーナー、ヘスティアーと並んでギリシア神話の三大処女神として著名である。アルテミスはゼウスとデーメーテールあるいはペルセポネーの娘とも、あるいはディオニューソスとイーシスとの間に生まれた娘とも言われているが。ギリシャ人に普及した伝承によればゼウスとレートーの娘でアポローンの双生児とされている。。オリュムポス十二神の一柱とされるが、本来のヘレーネス(古代ギリシア人)固有の神ではない。その名は古典ギリシア語を語源としていないと考えるのが妥当である。アルテミスは、ギリシアの先住民族の信仰を古代ギリシア人が取り入れたものと、現在の研究では考えられている。
rdfs:label
  • アルテミス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:eponym of
is foaf:primaryTopic of