Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アルスラーン・シャー(? - 1176年)は、イラン西部とイラクを支配したイラク・セルジューク朝の第8代スルターン(在位:1161年 - 1176年)。父は第3代スルターンのトゥグリル2世。父は1134年に死去したが、そのときはまだ幼かったため、生母がアゼルバイジャンを領有していた有力なマムルークであるイル・ドュグュズと結婚し、その養育を受けた。イラク・セルジューク朝では内紛が続いていたが、1161年にイル・ドュグュズはスライマーン・シャーを廃してアルスラーンを擁立。その功績によりドュグュズに大アタベクの称号を与え、アルスラーンは1176年に死去するまでドュグュズとその一族の傀儡として利用された。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2061594 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 640 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 18 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 41638335 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
  • 人1176年没
prop-ja:出典の明記
  • --12-20
prop-ja:参照方法
  • --12-20
prop-ja:独自研究
  • --12-20
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アルスラーン・シャー(? - 1176年)は、イラン西部とイラクを支配したイラク・セルジューク朝の第8代スルターン(在位:1161年 - 1176年)。父は第3代スルターンのトゥグリル2世。父は1134年に死去したが、そのときはまだ幼かったため、生母がアゼルバイジャンを領有していた有力なマムルークであるイル・ドュグュズと結婚し、その養育を受けた。イラク・セルジューク朝では内紛が続いていたが、1161年にイル・ドュグュズはスライマーン・シャーを廃してアルスラーンを擁立。その功績によりドュグュズに大アタベクの称号を与え、アルスラーンは1176年に死去するまでドュグュズとその一族の傀儡として利用された。
rdfs:label
  • アルスラーン・シャー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of