Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アルゲアス朝(ギリシャ語:Ἀργεάδαι、ラテン文字転記:Argeadai)は、古代ギリシアの王朝。紀元前約700年から同310年まで、マケドニアを統治した。古代ギリシアの神話的な記述によると、この王朝の起源は南ギリシャの都市アルゴスに遡る(アルゲアスの名はこれによる)。当初は、アルゲアス族の支配者であったが、ピリッポス2世の時代までにその支配を更に拡大し、上マケドニアの全ての国をマケドニアの支配下に納めた。この王家のもっとも著名な人物はピリッポス2世とアレクサンドロス3世(大王)であり、彼らの指導のもとで、マケドニア王国は全ギリシャに対する優越的な地位を確保し、アケメネス朝を打ち倒し、エジプトとインドにまで拡大した。しかし、大王の死後、王位継承者として残されたのは知的障害者であったピリッポス3世と嬰児アレクサンドロス4世であり、彼らは名ばかりの王であった。このため、後継将軍(ディアドコイ)および残された王族たちは互いに勢力争いを始め、その過程で後継将軍の一人で大王の異母姉妹テッサロニケと結婚したカッサンドロスによる簒奪を受け、アルゲアス王家は断絶した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2605664 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7419 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 115 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58987440 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:亡国時期
  • 前310年
prop-ja:位置画像
  • Diadochi satraps babylon.png
prop-ja:位置画像説明
  • の最大領域
prop-ja:元首等年代始
prop-ja:元首等年代終
prop-ja:元首等氏名
prop-ja:元首等肩書
prop-ja:先代
  • アケメネス朝
  • 暗黒時代
prop-ja:先旗
  • Standard of Cyrus the Great .svg
prop-ja:公用語
prop-ja:変遷
prop-ja:変遷年月日
  • 滅亡
prop-ja:建国時期
  • 前700年頃
prop-ja:次代
  • セレウコス朝
  • プトレマイオス朝
  • アンティパトロス朝
prop-ja:次旗
  • Vergiasun.svg
prop-ja:首都
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アルゲアス朝(ギリシャ語:Ἀργεάδαι、ラテン文字転記:Argeadai)は、古代ギリシアの王朝。紀元前約700年から同310年まで、マケドニアを統治した。古代ギリシアの神話的な記述によると、この王朝の起源は南ギリシャの都市アルゴスに遡る(アルゲアスの名はこれによる)。当初は、アルゲアス族の支配者であったが、ピリッポス2世の時代までにその支配を更に拡大し、上マケドニアの全ての国をマケドニアの支配下に納めた。この王家のもっとも著名な人物はピリッポス2世とアレクサンドロス3世(大王)であり、彼らの指導のもとで、マケドニア王国は全ギリシャに対する優越的な地位を確保し、アケメネス朝を打ち倒し、エジプトとインドにまで拡大した。しかし、大王の死後、王位継承者として残されたのは知的障害者であったピリッポス3世と嬰児アレクサンドロス4世であり、彼らは名ばかりの王であった。このため、後継将軍(ディアドコイ)および残された王族たちは互いに勢力争いを始め、その過程で後継将軍の一人で大王の異母姉妹テッサロニケと結婚したカッサンドロスによる簒奪を受け、アルゲアス王家は断絶した。
rdfs:label
  • アルゲアス朝
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:result of
is prop-ja:君主号 of
is prop-ja:王朝 of
is foaf:primaryTopic of