Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アルケシラオス(Arcesilaus, ギリシア語: Ἀρκεσίλαος, 紀元前316年/紀元前315年頃 - 紀元前241年/紀元前240年頃)は、ギリシャの哲学者で、中期アカデメイア派の創始者。アテナイのクラテスの後を継いでアカデメイアの学頭となり、エポケー(epoché, 判断保留)の導入により、アカデメイアを懐疑主義に向かわせた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1528845 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1446 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 31 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53235674 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アルケシラオス(Arcesilaus, ギリシア語: Ἀρκεσίλαος, 紀元前316年/紀元前315年頃 - 紀元前241年/紀元前240年頃)は、ギリシャの哲学者で、中期アカデメイア派の創始者。アテナイのクラテスの後を継いでアカデメイアの学頭となり、エポケー(epoché, 判断保留)の導入により、アカデメイアを懐疑主義に向かわせた。
rdfs:label
  • アルケシラオス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of