Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:Stream/watershed
  • 164000.0
dbpedia-owl:abstract
  • アルグン川(Argun、ロシア語: Аргу́нь, モンゴル語: Эргүнэ мөрөн, Ergüne mörön, 中国語: 额尔古纳河/額爾古納河、拼音: É'ěrgǔnà hé、満州語: Ergune bira)は、ユーラシア大陸の北東部を流れる川で、シルカ川とならぶアムール川の大きな源流の一つである。アルグン川というロシア語名は、ブリヤート語の「ウルゲン・ゴル」(Urgengol, 「広い川」)に由来する。上流はハイラル河(zh、Hailar、海拉尔河/海拉爾河)と呼ばれる。長さは708km。内モンゴル自治区の大興安嶺山脈の西麓から発し、内モンゴル北端のホロンバイルを西へ流れる。ハイラル区で伊敏河を合わせ、牙克石市より下流では流れは緩やかになり川幅も広くなり、ホロンバイル草原を蛇行する。満州里市付近で、中国領の呼倫湖(フルン・ノール)からの流れを合わせてアルグン川となる。北東へ向きを変え、900km以上にわたりロシアと中国の国境を流れ、黒竜江省漠河県付近でシルカ川と合流し、アムール川となる。満州里の下流にあり航路の中国側にある中州・ボリショイ島(中国名:阿巴該図島、アバガイト島)は1929年にソ連軍が占領して以来長年中ソ・中露の国境紛争の焦点の一つであったが、2004年の国境協定で中国・ロシア間で二等分することになった。
dbpedia-owl:riverMouth
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:watershed
  • 164000000000.000000 (xsd:double)
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1176255 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1622 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 41 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58733469 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名称
  • アルグン川
prop-ja:延長
  • 1620 (xsd:integer)
prop-ja:標高
  • --
prop-ja:水源
prop-ja:河口
prop-ja:流域面積
  • 164000 (xsd:integer)
prop-ja:流量
  • --
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • アルグン川流路
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • アルグン川(Argun、ロシア語: Аргу́нь, モンゴル語: Эргүнэ мөрөн, Ergüne mörön, 中国語: 额尔古纳河/額爾古納河、拼音: É'ěrgǔnà hé、満州語: Ergune bira)は、ユーラシア大陸の北東部を流れる川で、シルカ川とならぶアムール川の大きな源流の一つである。アルグン川というロシア語名は、ブリヤート語の「ウルゲン・ゴル」(Urgengol, 「広い川」)に由来する。上流はハイラル河(zh、Hailar、海拉尔河/海拉爾河)と呼ばれる。長さは708km。内モンゴル自治区の大興安嶺山脈の西麓から発し、内モンゴル北端のホロンバイルを西へ流れる。ハイラル区で伊敏河を合わせ、牙克石市より下流では流れは緩やかになり川幅も広くなり、ホロンバイル草原を蛇行する。満州里市付近で、中国領の呼倫湖(フルン・ノール)からの流れを合わせてアルグン川となる。北東へ向きを変え、900km以上にわたりロシアと中国の国境を流れ、黒竜江省漠河県付近でシルカ川と合流し、アムール川となる。満州里の下流にあり航路の中国側にある中州・ボリショイ島(中国名:阿巴該図島、アバガイト島)は1929年にソ連軍が占領して以来長年中ソ・中露の国境紛争の焦点の一つであったが、2004年の国境協定で中国・ロシア間で二等分することになった。
rdfs:label
  • アルグン川
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • アルグン川
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of