Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アルクマイオーン(古希: Ἀλκμαίων, Alkmaiōn)は、ギリシア神話の人物である。アルクメオーン(古希: Ἀλκμέων, Alkmeōn)、アルクマーン(古希: Ἀλκμάν, Alkmān)ともいわれ、長母音を省略してアルクマイオン、アルクメオン、アルクマンとも表記される。アルゴスの予言者アムピアラーオスとアドラーストスの姉妹エリピューレーの子で、アムピロコス、エウリュディケー、デーモーナッサと兄弟。アルカディアのプソーピスの王ペーゲウスの娘アルシノエーと結婚し(あるいはアルペシボイア)、クリュティオスを、河神アケローオスの娘カリロエーとの間に、アムポテロス、アカルナーンをもうけた。またテイレシアースの娘マントーの間にアムピロコス、ティーシポネーをもうけた。アルクマイオーンはエピゴノイとしてテーバイに遠征した。またカリュドーンの王オイネウスがアグリオスの息子たちに幽閉されたとき、ディオメーデースとともに救出した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 532398 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4303 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 62 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59118019 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アルクマイオーン(古希: Ἀλκμαίων, Alkmaiōn)は、ギリシア神話の人物である。アルクメオーン(古希: Ἀλκμέων, Alkmeōn)、アルクマーン(古希: Ἀλκμάν, Alkmān)ともいわれ、長母音を省略してアルクマイオン、アルクメオン、アルクマンとも表記される。アルゴスの予言者アムピアラーオスとアドラーストスの姉妹エリピューレーの子で、アムピロコス、エウリュディケー、デーモーナッサと兄弟。アルカディアのプソーピスの王ペーゲウスの娘アルシノエーと結婚し(あるいはアルペシボイア)、クリュティオスを、河神アケローオスの娘カリロエーとの間に、アムポテロス、アカルナーンをもうけた。またテイレシアースの娘マントーの間にアムピロコス、ティーシポネーをもうけた。アルクマイオーンはエピゴノイとしてテーバイに遠征した。またカリュドーンの王オイネウスがアグリオスの息子たちに幽閉されたとき、ディオメーデースとともに救出した。
rdfs:label
  • アルクマイオーン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of