Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アルギン酸(アルギンさん)は、褐藻などに含まれる多糖類で、食物繊維の一種である。ほかに、紅藻のサンゴモなどにも含まれる。また、一部の細菌(アゾトバクターなど)が部分的に酢酸エステル化されたアルギン酸を生成するが、これによる工業的生産はまだ成功していない。純粋のアルギン酸は、白ないし淡黄色で、繊維状、顆粒状または粉末状の形態をとる。水に不溶性であるが、アルギン酸ナトリウムなどの可溶性塩(アルギンと総称される)として抽出され、食品添加物その他の目的で利用される。
dbpedia-owl:imageSize
  • 250 (xsd:integer)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 772710 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6343 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 128 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55154085 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefile
  • Alginsäure.svg
prop-ja:imagesize
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:othernames
  • Alginic acid, E400
prop-ja:verifiedfields
  • changed
prop-ja:verifiedrevid
  • 477314688 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • アルギン酸(アルギンさん)は、褐藻などに含まれる多糖類で、食物繊維の一種である。ほかに、紅藻のサンゴモなどにも含まれる。また、一部の細菌(アゾトバクターなど)が部分的に酢酸エステル化されたアルギン酸を生成するが、これによる工業的生産はまだ成功していない。純粋のアルギン酸は、白ないし淡黄色で、繊維状、顆粒状または粉末状の形態をとる。水に不溶性であるが、アルギン酸ナトリウムなどの可溶性塩(アルギンと総称される)として抽出され、食品添加物その他の目的で利用される。
rdfs:label
  • アルギン酸
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Alginic acid, E400
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of