Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アリス・クレイプール・グウィン・ヴァンダービルト(Alice Claypoole Gwynne Vanderbilt, 1845年 シンシナティ - 1934年4月23日 ニューヨーク)は、アメリカ合衆国のソーシャライト。ニューヨーク・セントラル鉄道の社主コーネリアス・ヴァンダービルト2世の妻。弁護士のエイブラハム・グウィン(Abraham Gwynne)とその妻のレイチェル・フラッグ(Rachel Flagg)の娘として、オハイオ州シンシナティで生まれ育った。ニューヨークに移った後、サント・バーソロミュー監督派教会(St. Bartholomew's Episcopal Church)の日曜学校で、大富豪ヴァンダービルト家の御曹司コーネリアス・ヴァンダービルト2世と知り合い、1867年に結婚した。アリスは夫がロードアイランド州ニューポートに夏の別邸ブレーカーズを建てるうえで、重要な役割を果たした。アリスは自分の先祖である最初期の入植者たちが住んだニューポートに深い思い入れがあり、別荘の建設地としてこの町を希望したのである。彼女の先祖にはロードアイランド州の建設者で神学者のロジャー・ウィリアムズ、ロードアイランド州知事のサミュエル・ウォードがいた。また、アリスの母方の親族フラッグ家の代々の墓地もニューポートの共同墓地にあった。夫とともにYMCA、赤十字、救世軍などのプロテスタント系の慈善事業に関わり、また早世した長男のウィリアム・ヘンリー(2世)が在籍していたイェール大学に多額の寄付を行い、同大学にヴァンダービルト・ホール(Vanderbilt Hall)を造らせた。夫が1899年に死去した後、当主の寡婦として35年のあいだヴァンダービルト家に君臨した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2446849 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1672 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 34 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48821086 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アリス・クレイプール・グウィン・ヴァンダービルト(Alice Claypoole Gwynne Vanderbilt, 1845年 シンシナティ - 1934年4月23日 ニューヨーク)は、アメリカ合衆国のソーシャライト。ニューヨーク・セントラル鉄道の社主コーネリアス・ヴァンダービルト2世の妻。弁護士のエイブラハム・グウィン(Abraham Gwynne)とその妻のレイチェル・フラッグ(Rachel Flagg)の娘として、オハイオ州シンシナティで生まれ育った。ニューヨークに移った後、サント・バーソロミュー監督派教会(St.
rdfs:label
  • アリス・クレイプール・グウィン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of