Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アリストデーモス (古希: Ἀριστόδημος, Aristodēmos) は、ギリシア神話の人物で、ヘーラクレイダイの1人である。長母音を省略してアリストデモスとも表記される。アリストマコスの子で、テーメノス、クレスポンテースと兄弟。テーバイ王族のアウテシオーンの娘アルゲイアーを妻とし、双子の兄弟プロクレース、エウリュステネースをもうけた。アリストデーモスは兄弟のテーメノス、クレスポンテースとともにペロポネーソスへの帰還を企てたが、帰還を果たす前に死んだといわれる。アポロドーロスによればアリストデーモスはヘーラクレイダイがナウパクトスで船を建造している間に、雷に撃たれて死んだという。一説によればアリストデーモスがデルポイに神託を授かりに行くと、ヘーラクレースが現れて帰還の成功を予言したため、デルポイで神託を授からずに帰ろうとしたところ、怒ったアポローンに射殺された。またあるいはピュラデースとエーレクトラーの子メドーンとエピストロポスに殺されたともいわれる。また別の説によれば、アリストデーモスは死ぬことなく帰還を果たし、スパルタを支配したが、アルゲイアーが双子を産んですぐに病気で死んだという。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1756064 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1052 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 31 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56566692 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アリストデーモス (古希: Ἀριστόδημος, Aristodēmos) は、ギリシア神話の人物で、ヘーラクレイダイの1人である。長母音を省略してアリストデモスとも表記される。アリストマコスの子で、テーメノス、クレスポンテースと兄弟。テーバイ王族のアウテシオーンの娘アルゲイアーを妻とし、双子の兄弟プロクレース、エウリュステネースをもうけた。アリストデーモスは兄弟のテーメノス、クレスポンテースとともにペロポネーソスへの帰還を企てたが、帰還を果たす前に死んだといわれる。アポロドーロスによればアリストデーモスはヘーラクレイダイがナウパクトスで船を建造している間に、雷に撃たれて死んだという。一説によればアリストデーモスがデルポイに神託を授かりに行くと、ヘーラクレースが現れて帰還の成功を予言したため、デルポイで神託を授からずに帰ろうとしたところ、怒ったアポローンに射殺された。またあるいはピュラデースとエーレクトラーの子メドーンとエピストロポスに殺されたともいわれる。また別の説によれば、アリストデーモスは死ぬことなく帰還を果たし、スパルタを支配したが、アルゲイアーが双子を産んですぐに病気で死んだという。
rdfs:label
  • アリストデーモス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of